病院名:はやしだ産婦人科医院
住所:埼玉県鴻巣市鴻巣1005-2
サイト:http://www.hayashida-lc.com

はやしだ産婦人科医院で行なった治療、費用を教えてください。

行なった治療:卵管造影検査、タイミング指導、排卵誘発剤

費用:35000円程度

はやしだ産婦人科医院の不妊治療の体験談をお聞かせ下さい。

妊娠したいと思ってから妊娠できずに役一年経ってしまったため、まずは不妊外来に相談し検査を受けることにしました。

年齢も35歳になるということもあり、なるべく早い方がいいと思い、近くの婦人科をインターネットで検索し、受診することにしました。

約一ヶ月ほどかけて一通りの検査を行いました。
エコーで子宮や卵胞の状態を見る検査、ホルモン負荷試験でホルモン値を調べる血液検査、卵管造影検査は検査であると同時に卵管の通りを良くするので治療的側面もあります。

私の検査と並行して夫の精液検査も同じ病院で受けました。

検査の結果は、妊娠の妨げになる要因として、子宮筋腫が複数あることと、子宮の形が弓状で少し着床しにくいということでした。ちなみに夫の方は問題ないという結果でした。

総合的な判断としては妊娠しにくさはあるものの、妊娠できないというわけではなく、タイミング指導から治療を開始することになりました。

タイミング指導には排卵予定日の少し前から卵胞の観察をする必要があります。フルタイムで仕事をしながらの不妊治療だったため、排卵日付近で仕事が休みの日に受診し、様子を見ることにし、無理に仕事を休ませてもらうようなことはしませんでした。

日曜日も診察をしている医院であったため、その点で受診しやすく、助かりました。

しかし最初のタイミング指導は二回ほど連続で、失敗してしまいました。

少し気を落としてしまい、次の周期は受診をお休みし、市販の排卵検査薬でタイミングを見つつ、夫婦でのんびり温泉旅行へ。

不妊治療に疲れてしまったら、少しお休みをすることも大切だなと思います。

そしてまた気を取り直してタイミング指導を受けました。今度は排卵直前に排卵を助けるための排卵誘発剤の筋肉注射も受けました。誘発剤の注射は保険適用だったので、お金もそこまで高額でなく助かりました。

そして不妊外来を受けるようになってから4ヶ月ほどたち、見事赤ちゃんを授かることができました!

住んでいる市町村では早期不妊検査助成金というものがあって、かかった不妊検査代のうち二万円まで市で補助してくれる制度がありました。

検査と治療費の半分ほどは保険適用になりましたし、二万円の助成金もいただけたので、4ヶ月ほどの不妊治療で二万円くらいしかお金はかかりませんでした。

私はとてもラッキーなことに期間的にも金銭的にも負担が少なく不妊治療を卒業できたと思います。

不妊治療は比較的負担の少ないものから、負担の大きいものまで段階があります。自分たちに合ったスタイルで不妊治療に臨めると良いと思います。

妊活サプリ 先輩ママが飲んでいた人気ランキング

1位:オールインワン妊活サプリ マカナ



マカナは、2016年に新発売された最新の妊活サプリで、なんといっても妊活に必要な成分をすべて含んでいるのが大きな特徴です。

さらに、使用しているマカは国産無農薬マカ100%で安心・安全。

葉酸や鉄分、不妊症に良いとされるビタミンEなど妊活に必要な成分がすべて含まれているので、あれもこれもと飲む必要がありません。
飲むサプリを一つに絞りたい方にはこちらのマカナがおすすめです。

マカナを飲んだ私の体験談はこちらです。

2位:ママニック葉酸サプリ



ママニックは吸収率の高いモノグルタミン酸型葉酸を推奨量400μg配合した葉酸サプリです。

葉酸400μgに加え、カルシウム・ミネラル・ビタミン・アミノ酸が29種類と最大限バランスよく配合されています。
放射能検査も行っているので安心!

ママニック葉酸サプリを飲んだ私の体験談はこちらです。



3位:国産マカ100%使用!full-me MIUフルミーマカ



フルミーマカは国産無農薬のマカを100%使った妊活サプリです。
高吸収で飲みやすいソフトカプセルを採用なので、妊娠後も飲みやすいのがいいですね。

フルミーマカを実際に飲んだ私の体験談はこちらです。