妊娠初期に胎嚢が確認できたのに成長が見られず、そのまま流産してしまうことが あります。
妊娠5〜6週あたりから病院のエコー検査で胎嚢が確認できます。

そしてしばらく1週間おきに検診となるのが一般的です。
病院では安定期にはいるまで胎児の成長を確認していきます。

ただ誰しもが妊娠期間を順調に進むとは限りません。
検診で胎嚢が育っていない可能性があると指摘されてしまうこともあります。

そうなると流産のリスクも高く、愕然とします。

胎嚢が育っていないというのはどういうこと?

そもそも胎嚢とは?

検診では超音波検査を使って胎児の様子を確認します。
妊娠初期はまだ胎児と呼べるほどのものではありません。

まず子宮内に胎嚢が確認できる時期です。
胎嚢とは赤ちゃんを包んでいる袋のこと。

着床した受精卵は常に細胞分裂を繰り返し、胎芽を包み込む胎嚢へと変化していきます。
その成長スピードは1日約1ミリと言われています。

胎嚢が育っていないと言われたら?

妊娠5週目になると胎嚢の大きさが7〜8mm位になります。
この時期の赤ちゃんの大きさとはまだ2mm程度です。

妊娠5〜6週の検診のときに胎嚢が育っていないと言われてしまう場合もあります。
通常の成長に比べて小さい場合に胎嚢が育っていないと医師から指摘されます。

しかし胎嚢の大きさが平均から外れていても心配することはありません。
それよりも成長しているかどうかが大切です。

胎嚢の大きさが平均値よりとても小さい場合、流産の可能性があります。
しかし小さくても成長していれば妊娠が継続されている可能性高いです。

胎嚢の成長速度が遅くともしっかり成長し続けていけば大丈夫です!
赤ちゃんは頑張って生きているのですから赤ちゃんの生命力を信じてあげてください。

胎嚢が育ってないといわれてもママのせいではない!

胎嚢が育っていない可能性がある場合、次の検診まで様子をみることになります。
それでも胎嚢が成長していな場合、手術になる場合もあります。

自然に胎盤がはがれてくることもあります。
流産は全妊娠の10%から15%に起こるものです。

他言しないだけで、多くの女性が経験しています。
その殆どは胎児側の原因があるため母体のせいではありません。

どうあっても防ぎようもないものです。
胎嚢が育っていないといわれても赤ちゃんの生命力を信じることが大切です。

過度なストレスは赤ちゃんにもマイナスです。
前向きな気持ちが赤ちゃんになんらかのいい影響を与えてくれるかもしれません。

赤ちゃんの生命力は時としてびっくりすることもあります。
胎芽や心拍が確認できるまで諦めないでゆっくり過ごしましょう。

妊活サプリ 先輩ママが飲んでいた人気ランキング

1位:オールインワン妊活サプリ マカナ



マカナは、2016年に新発売された最新の妊活サプリで、なんといっても妊活に必要な成分をすべて含んでいるのが大きな特徴です。

さらに、使用しているマカは国産無農薬マカ100%で安心・安全。

葉酸や鉄分、不妊症に良いとされるビタミンEなど妊活に必要な成分がすべて含まれているので、あれもこれもと飲む必要がありません。
飲むサプリを一つに絞りたい方にはこちらのマカナがおすすめです。

マカナを飲んだ私の体験談はこちらです。

2位:ママニック葉酸サプリ



ママニックは吸収率の高いモノグルタミン酸型葉酸を推奨量400μg配合した葉酸サプリです。

葉酸400μgに加え、カルシウム・ミネラル・ビタミン・アミノ酸が29種類と最大限バランスよく配合されています。
放射能検査も行っているので安心!

ママニック葉酸サプリを飲んだ私の体験談はこちらです。



3位:国産マカ100%使用!full-me MIUフルミーマカ



フルミーマカは国産無農薬のマカを100%使った妊活サプリです。
高吸収で飲みやすいソフトカプセルを採用なので、妊娠後も飲みやすいのがいいですね。

フルミーマカを実際に飲んだ私の体験談はこちらです。