妊娠しているかどうか、簡単にチェックできる妊娠検査薬。
しかし、場合によっては、一旦陰性反応が出たものの、陽性に変わるケースがあります。
その確率やなぜそんなことが起こるのかといった原因について、順を追って解説します。

なぜ妊娠検査薬で妊娠が分かるのか?

受精卵が子宮内膜に着床すると、「hCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)」と呼ばれるホルモンが体内で作られます。
着床以降、hCGの量が徐々に増え、尿中に検出されます。
妊娠検査薬は、このhCGに反応し、一定量を満たした場合、陽性反応を示すのです。

陰性から陽性に変わる確率

市販の妊娠検査薬は、ほとんどの製品が99%以上という高い判定精度を誇っています。
ですから、正しく使えば、陰性か陽性かという結果は表示通りであり、陰性から陽性に変わるといった確率は、極めて低いと言えます。
けれど、ごく稀に陰性から陽性へ変化することがあり、その原因を次の章で見ていきましょう。

妊娠検査薬で、陰性から陽性になる原因

1)妊娠超初期である

妊娠の非常に早い時期だと、hCGの量が少なく、陰性反応を示します。
しかし、時間の経過によって、hCGの量が増え、陽性に変わるのです。

2)生理不順で、生理や排卵が遅れた

月経周期が不規則だったり、それによって、生理予定日の計算が正しく行われなかった場合、hCGが足りず、陰性になります。
こちらもhCGの量が増えるにつれて、陽性に変わります。

3)尿の濃度が薄い

妊娠検査薬の使用前にたくさん水分を摂った時は、尿の濃度が薄くなり、陰性と判定されます。
そのため、朝起きてすぐ検査するのがおすすめです。
そして、尿に血や異物などが混ざっている時は、検査を控えてください。

4)ホルモン剤の影響

不妊治療などで、hCGが含まれたホルモン剤や投薬治療を行っている人は、要注意!
妊娠していなくても、ホルモン剤の影響で、陽性になるケースがあります。

5)判定時間を守らなかった

製品ごとに決められた判定時間があり、その時間内でチェックすることが大切です。
製品によっては判定結果が残らず、時間外に、陰性から陽性へ変化するパターンがあります。

6)期限切れの製品である

妊娠検査薬には、使用期限が定められています。
万が一、期限を守らなかった場合、誤った結果を示す可能性があります。

妊娠検査薬を使う際の注意点

誤った結果表示で一喜一憂しないために、妊娠検査薬は以下のことを守り、正しく使いましょう。

1)月経予定日の1週間後から使う

陽性か陰性の判定は、妊娠検査薬の定められた時期に使用することが大切です。

2)取扱説明書をよく読む

使用前には、取扱説明書をしっかり読みましょう。
妊娠検査薬の種類によって、判定時間や結果の表示方法が異なるため、事前に確認してください。

3)判定結果が不明瞭な時

陽性か陰性か不明瞭な際は、1週間後に再検査しましょう。

4)妊娠検査薬の結果だけで判断しない

使用するタイミングによっては、陽性か陰性か、正しく判定されないこともあります。
陽性だった場合も、医師の診察を受けなければ、妊娠確定とは言えません。
また、陰性でも、その後に生理が来ないなら、一度病院で診てもらいましょう。

妊活サプリ 先輩ママが飲んでいた人気ランキング

1位:オールインワン妊活サプリ マカナ



マカナは、2016年に新発売された最新の妊活サプリで、なんといっても妊活に必要な成分をすべて含んでいるのが大きな特徴です。

さらに、使用しているマカは国産無農薬マカ100%で安心・安全。

葉酸や鉄分、不妊症に良いとされるビタミンEなど妊活に必要な成分がすべて含まれているので、あれもこれもと飲む必要がありません。
飲むサプリを一つに絞りたい方にはこちらのマカナがおすすめです。

マカナを飲んだ私の体験談はこちらです。

2位:ママニック葉酸サプリ



ママニックは吸収率の高いモノグルタミン酸型葉酸を推奨量400μg配合した葉酸サプリです。

葉酸400μgに加え、カルシウム・ミネラル・ビタミン・アミノ酸が29種類と最大限バランスよく配合されています。
放射能検査も行っているので安心!

ママニック葉酸サプリを飲んだ私の体験談はこちらです。



3位:国産マカ100%使用!full-me MIUフルミーマカ



フルミーマカは国産無農薬のマカを100%使った妊活サプリです。
高吸収で飲みやすいソフトカプセルを採用なので、妊娠後も飲みやすいのがいいですね。

フルミーマカを実際に飲んだ私の体験談はこちらです。