30代後半で妊娠したいと思ったら、若い頃とどんな点が異なるのでしょうか?
体の変化やいろいろなリスクとともに、妊活のコツをお伝えします。

30代後半のホルモンバランスについて

20代から30代は、女性のホルモンバランスが最も良い時期と言われています。
女性ホルモンは2種類あり、生理終了後から排卵が起こる前に多く分泌されるのが「エストロゲン(卵胞ホルモン)」。
そして、排卵後から生理前に多く分泌されるのが「プロゲステロン(黄体ホルモン)」です。

エストロゲン(卵胞ホルモン)には、卵巣内にある卵胞の成長を助け、排卵を促す働きや受精卵が着床する子宮内膜を厚くする役割があります。
さらに、プロゲステロン(黄体ホルモン)は、子宮内膜の厚みを保ったり、体温を上げて、妊娠を維持する働きを持ちます。

これらのホルモンが分泌される量は、年齢とともに減り、30代後半になると、急激に減少します。
そのため、30代後半で妊娠したいと願うなら、ホルモンバランスを整えることが非常に大切です。

30代後半で、妊娠したい気持ちは叶うの?

年齢別で見た妊娠の確率は、健康的な20代から30代前半の女性で、約25〜30%
30代後半では、約20%となり、40代は1〜5%の割合です。

そして、30代後半になると、ダウン症の出生率が100人に1人の確率で、流産の可能性も30%というのが現状です。
もちろん30代後半で何のトラブルもなく、健やかな赤ちゃんを産む妊婦さんはいますので、慎重になり過ぎる必要はありません。

また、30代後半に入ると、仕事や人生における、さまざまな経験が子育てに活かせます。
ですので、若い時の出産に比べて、メンタル面がしっかりしている点は、大きな強みです。

30代後半で妊娠したいと思ったら

妊娠したいという願いと、ママと赤ちゃんの健康を守るため、30代後半からの妊活には、次に紹介するコツをおさえておきましょう。

1)基礎体温をつけよう

生理周期の整った方なら、排卵は、おおよそ毎月1回。
そして、排出された卵子は、24時間しか生きられず、その間に精子と出会わなければ受精しません。
そんなわずかなチャンスを逃さないように、基礎体温をつけて、自身の体調を把握しましょう。

基礎体温は、妊娠したいタイミングをはかるだけではありません。
体温を付けることで、きちんと低温と高温の二相に分かれているかをチェックしたり、あまりに低温期が長いなら、一度婦人科の診察を受けてみましょう。

2)冷えは大敵

妊娠したいのであれば、冷え症や36℃未満の低体温の人は、すぐに対策を始めましょう。
健やかな卵子を保つには、一定の体温が必要です。

お風呂は、シャワーで済ませず、湯船に浸かったり、腹巻きやひざ掛け、レッグウォーマーなどで体を温めるように意識してください。
そして、普段から身体を動かして筋肉をつけると、体温をキープする力がつきます。
わざわざスポーツをする時間を取らなくても、一駅分歩いたり、できるだけ階段を使うといった小さな工夫でも、体は変わります。

3)食事のバランスが大切

毎日口にする食べ物で、私たちの身体は形成されます。
妊娠したいと思ったら、偏った食事ではなく、いろいろな食べ物をバランス良く、よく噛んで食べることが重要です。

特に、赤ちゃんの先天異常を防ぐ葉酸は、妊娠前から摂るのがおすすめです。
葉酸は、ホウレンソウやブロッコリー、レバー、納豆などに多く含まれています。
さらに、牡蠣やサトイモに多い亜鉛、ヒジキやレバーに含まれる鉄分は、生殖機能に欠かせません。

妊娠したいという気持ちの芽生えは、日々の食事を見直す好機でもあるため、前向きに改善していきましょう。

4)ストレスから身を守る

30代後半ともなると、仕事上の責任が増え、ストレスも大きくなる時期ではないでしょうか?
ストレスというのは、ホルモンバランスにも影響を及ぼし、ひどくなると月経が止まったりします。
ショッピングや友人とのおしゃべり、趣味など、自分がリラックスできる方法で、ストレスから身を守ってください。

また、妊娠したいと思っていても、なかなか妊娠できず、ストレスがたまる場合もあります。
そのストレスを軽減するには、婦人科で診察を受けたり、排卵のタイミングを教えてもらうと、解決の糸口に繋がるかもしれません。
専門家へ相談することが、妊活成功への近道です。

5)質の良い睡眠をとる

睡眠で肝心なのは、時間的な長さではなく、質です。
質の良い睡眠は、ストレス解消にも繋がります。

日々の睡眠は、「ノンレム睡眠」と「レム睡眠」が90分毎に繰り返されており、90分の倍数で睡眠時間を設定すると、眠りの質を上げることができます。
加えて、午後10時から午前2時の間に眠ると、成長ホルモンがたくさん分泌されるため、一段と良質な睡眠になります。

6)過度なダイエットはしない

1つの食品ばかり摂ったり、逆に炭水化物だけを抜くなど、極端な食事療法や急激な減量、体脂肪率が20%未満といった過度なダイエットはいけません。

というのも、行き過ぎたダイエットは、体調不良を招くだけでなく、卵子の数も減らしてしまうのです。
ダイエットは、栄養バランスを考えた食事と運動によって、長めのスパンで、健康的に行いましょう。

7)足りない栄養をサプリで補給する

いくら食事に気をつけていても、もともと生理のある女性はほぼ全員が貧血(隠れ貧血を含む)です。

貧血=血が足りない状態だと、妊娠状態を保つことができず、流産につながってしまいます。
そのため、鉄分補給が大切です。

また、女性ホルモンを調節するビタミンEも不足がちなので、食事以外からも摂取するようにしましょう。

妊活サプリ 先輩ママが飲んでいた人気ランキング

1位:オールインワン妊活サプリ マカナ



マカナは、2016年に新発売された最新の妊活サプリで、なんといっても妊活に必要な成分をすべて含んでいるのが大きな特徴です。

さらに、使用しているマカは国産無農薬マカ100%で安心・安全。

葉酸や鉄分、不妊症に良いとされるビタミンEなど妊活に必要な成分がすべて含まれているので、あれもこれもと飲む必要がありません。
飲むサプリを一つに絞りたい方にはこちらのマカナがおすすめです。

マカナを飲んだ私の体験談はこちらです。

2位:ママニック葉酸サプリ



ママニックは吸収率の高いモノグルタミン酸型葉酸を推奨量400μg配合した葉酸サプリです。

葉酸400μgに加え、カルシウム・ミネラル・ビタミン・アミノ酸が29種類と最大限バランスよく配合されています。
放射能検査も行っているので安心!

ママニック葉酸サプリを飲んだ私の体験談はこちらです。



3位:国産マカ100%使用!full-me MIUフルミーマカ



フルミーマカは国産無農薬のマカを100%使った妊活サプリです。
高吸収で飲みやすいソフトカプセルを採用なので、妊娠後も飲みやすいのがいいですね。

フルミーマカを実際に飲んだ私の体験談はこちらです。