Pocket

出生前検査がいろいろ注目されています。
それでも妊娠すると赤ちゃんの障害の有無は心配です。

特に自分や近い身内に発達障害がいると遺伝するのでは?と心配になるでしょう。
わたしも親が軽度の発達障害を持っているので心配でした。

発達障害とはどんな障害?

発達障害の有無を出生前検査でわかるといってもそれは発達障害の中でも限られた障害です。
発達障害と言ってもいろいろあります。

よく海外セレブが実は学習障害だったとか告白するときがあります。
それも発達障害です。

そのほかに有名な発達障害はアスペルガー症候群や自閉症があります。
なかなか理解がうすい広汎性発達障害はコミュニケーションと社会性に障害があります。

興味のある物には執着し、そのほかは忘れっぽいとか症状はいろいろ。
集団行動をとる中でうちの子はもしかしたら発達障害なのでは?とわかるようになります。

発達障害は遺伝性の障害です。
実は後発的な要因も大きく左右します。

発達障害は脳の機能障害が原因と考えられてます。
しかしこれには複数の遺伝子と環境要因が関わっています。

妊娠時の体内環境が発達障害になりやすい環境をつくるという専門家もいます。
しか残念ながら発達障害の原因はっきりしたメカニズムが分かっていません。

発達障害の原因は医学的にははっきりしないのです。
遺伝するとはいっても子供が発達障害ということで誰かを責めてはいけません。

発達障害は遺伝する?

発達障害が遺伝するというのが通説です。
じゃあ、親が発達障害だと子供は発達障害になるのかというとそうではありません。

わたしだってそうです。
親が発達障害であってもわたし自身は発達障害という診断は受けていませんよ?

本人に自覚がないだけかもしれませんが(笑)
とりあえず普通に社会生活を送っていると思っています。

発達障害は遺伝的要因と環境要因が大きく左右するというのは説明しました。
環境要因は虐待であったり、不規則な食生活だったりいろいろです。

親から子への遺伝の確率は研究によって数値がまちまちで明確にはわかっていません。
要因が相互に影響したとき、脳機能に障害が起こり、発達障害が現れるとされています。

その際に両親の遺伝子配列が原因の一部となっています。
でもそれは発達障害にかぎらずすべての病気や障害に言えることです。

つまり親から子に単純に遺伝するということではないのです。
よって、親が発達障害だからといって、子どもにも100%遺伝するとは限らないのです。

子供の体質は親に似てしまいます。
生活環境も同じですよ。

子供が発達障害だったら?

子供が発達障害であった場合、どうしても親の立場だと自分をせめてしまいがちです。
そしてその子供の将来を悲観してしまいがちです。

しかし発達障害=不幸ではありません。
その子にあった環境を整えたり、接し方を工夫することが大切です。

発達障害の特性を強みとしてその子の才能をのばしてあげましょう。
発達障害は行動力や自由な発想、興味のあることををつきつめる集中力は目を見張るものがあります。

その子らしく生きられるように親がサポートしてあげればいいのです。

妊活サプリ 先輩ママが飲んでいた人気ランキング

1位:オールインワン妊活サプリ マカナ



マカナは、2016年に新発売された最新の妊活サプリで、なんといっても妊活に必要な成分をすべて含んでいるのが大きな特徴です。

さらに、使用しているマカは国産無農薬マカ100%で安心・安全。

葉酸や鉄分、不妊症に良いとされるビタミンEなど妊活に必要な成分がすべて含まれているので、あれもこれもと飲む必要がありません。
飲むサプリを一つに絞りたい方にはこちらのマカナがおすすめです。

マカナを飲んだ私の体験談はこちらです。

2位:ママニック葉酸サプリ



ママニックは吸収率の高いモノグルタミン酸型葉酸を推奨量400μg配合した葉酸サプリです。

葉酸400μgに加え、カルシウム・ミネラル・ビタミン・アミノ酸が29種類と最大限バランスよく配合されています。
放射能検査も行っているので安心!

ママニック葉酸サプリを飲んだ私の体験談はこちらです。



3位:国産マカ100%使用!full-me MIUフルミーマカ



フルミーマカは国産無農薬のマカを100%使った妊活サプリです。
高吸収で飲みやすいソフトカプセルを採用なので、妊娠後も飲みやすいのがいいですね。

フルミーマカを実際に飲んだ私の体験談はこちらです。