不妊治療をしたからといって必ずしも妊娠できるわけではありません。
あまりにも結果がでなかったりすると、本当にこの病院で不妊治療を続けてもいいのだろうかと不安になります。

私の場合体外受精を失敗したあたりから転院を考えました。
でもいざ転院したいと思ってもなかなかタイミングが図れません。

同じ不妊治療を受けている友人が妊娠したときくとついその病院に魅力を感じてしまったりもしました。
不妊治療を転院するタイミングを逃してしまい、結果的に自然妊娠してよかったのかもしませんが・・・。

不妊治療外来は病院によって技術が違う!

友人は子宮筋腫を患っており、最初の病院ではその治療がうまくいきませんでした。
なので病院のほうからもっと詳しく検査して不妊治療したほうがいいと大学病院に転院をすすめられました。

友人は病院からの紹介が転院のタイミングでした。
私の場合には不妊治療の治療方針に不信を抱いたのが転院のタイミングでした。

不妊治療の先生と合わなかった、病院の治療方針と合わなかったり、転院する理由はそれぞれ。
不妊治療は高度先進医療技術なのでまだまだ技術に大きな差がでます。

人工授精や体外受精などの治療に対応していなかったりするところもあります。
医者の経験や技術もかなり違います。

特に体外受精・顕微授精は保険で認められている治療ではないので、実力に大きな差があります。
日本全国どこでも同じレベルで治療を受けられるということは全くありません。

培養室や胚培養士を備えている病院のほうが不妊治療に力を入れているともいえます。
自分に見合う不妊治療がうけられないと思ったら転院のタイミングかもしれませんね?

不妊治療病院を転院するタイミングとは?

病院との相性もありますが、結果が出ないというのがタイミングでしょう。
結果が出ないと疑心暗鬼にもなりますし、不満も感じやすいですからね。

原因不明の不妊治療が一番難しいと思います。
フーナーテスト、卵管造影検査、卵胞チェックいろいろ不妊治療をはじめると検査を行います。

排卵もしていて、精子の数や動きも問題ない場合、不妊治療もタイミング療法から入るのが一般的です。
転院した先で不妊原因がはっきりして妊娠できたという場合もあります。

不妊治療は先の見えない治療だけに不安感があるでしょう。
不妊専門に転院して検査すると今まで分からなかった原因が分かることもあります。

転院して必ずしも結果がでるとは限りませんが、新しい側面で不妊治療にのぞめます。
別の不妊治療の病院に行って、話しだけでも聞いてくると良いと思いますよ。

卵子の質は年々落ちてきます。
若ければ、早く妊娠できるかもしれません。

不妊治療は長くだらだら続けるものではありません。
いったん不妊治療を休止するのもいいですし、転院するのもいいでしょう。

タイミングを活かすかどうかはあなた次第ですよ?

妊活サプリ 先輩ママが飲んでいた人気ランキング

1位:オールインワン妊活サプリ マカナ



マカナは、2016年に新発売された最新の妊活サプリで、なんといっても妊活に必要な成分をすべて含んでいるのが大きな特徴です。

さらに、使用しているマカは国産無農薬マカ100%で安心・安全。

葉酸や鉄分、不妊症に良いとされるビタミンEなど妊活に必要な成分がすべて含まれているので、あれもこれもと飲む必要がありません。
飲むサプリを一つに絞りたい方にはこちらのマカナがおすすめです。

マカナを飲んだ私の体験談はこちらです。

2位:ママニック葉酸サプリ



ママニックは吸収率の高いモノグルタミン酸型葉酸を推奨量400μg配合した葉酸サプリです。

葉酸400μgに加え、カルシウム・ミネラル・ビタミン・アミノ酸が29種類と最大限バランスよく配合されています。
放射能検査も行っているので安心!

ママニック葉酸サプリを飲んだ私の体験談はこちらです。



3位:国産マカ100%使用!full-me MIUフルミーマカ



フルミーマカは国産無農薬のマカを100%使った妊活サプリです。
高吸収で飲みやすいソフトカプセルを採用なので、妊娠後も飲みやすいのがいいですね。

フルミーマカを実際に飲んだ私の体験談はこちらです。