体外受精ができるかどうかは採卵にかかっています。
採卵も何回もなると体が肥料し、なかなかいい卵子が取れない場合もあります。

なので採卵のやり方もいろいろあります。
採卵は痛みが強いので全身麻酔を使うのが一般的です。

でもより体に負担をかけないように無麻酔採卵という方法もあります。

無麻酔採卵じゃなくても痛みはある!

麻酔をすれば採卵時の痛みはありません。
でも、採卵後麻酔がきれると痛みは結構ひどく、運転できないほどです。

それだけ採卵自体は痛みが強く、体の負担も大きいものです。
麻酔を入れるための点滴の針を入れるときも痛みはあります。

無麻酔採卵ではなくても痛みは避けられないということは覚悟しましょう。
無麻酔採卵の場合はそれに加えて針を卵巣に差す瞬間も痛みを感じるということになります。

簡単に思えますが、結構痛いです!
しかもこの痛みは1度ではありません。

数回はこの痛みに耐えないとダメですが、無麻酔採卵を考慮して病院側も痛みが軽減するように採卵はするようですが・・・。
私の場合は痛みに弱いので無麻酔採卵は選択しませんでした。

採卵中痛みがなかったといえない部分もありました。
個人差もあるとおもいますが、無麻酔採卵の場合でもそうでなくても採卵に痛みはあります。

でも陣痛の痛みを考えれば、それほどひどくはないと思えば乗り越えられます!
 

痛みはあっても無麻酔採卵を選ぶ理由とは?

じゃあ、なんで痛みがあるのに無麻酔採卵を選択するかどうかと不思議に思うでしょう。
痛みがあっても体の負担が少ないからです。

無麻酔採卵の痛みはチクっとした痛みで乗り越えられない痛みではありません。
個人差によりますが全身麻酔はリスクがあり、採卵後も吐き気、頭痛などが起こります。

その点無麻酔採卵は採卵終わったあとも車の運転もできます。
体調がよければ、採卵後仕事にだって行けます。

採卵後が楽なのは圧倒的に無麻酔採卵です。
特に採卵数を多くする場合には無麻酔採卵は選択できません。

なので無麻酔採卵は採卵数が少ないときに使われます。
無麻酔採卵の場合は採卵前に卵巣を刺激する薬も強いものが使われないことが多いのです。

もしも採れる予定の卵子の数が少ないのであれば、無麻酔での採卵をやってみてもいいと思いますよ。
注射での排卵誘発剤を使っていると、一度に複数個の卵胞ができます。

自然周期での誘発の場合には1個から5個程度と少ないですがこのくらいの数なら無麻酔採卵が可能です。
何回も採卵を繰り返すと卵子が取れない場合があります。

特に排卵誘発剤などを使う場合にはホルモンのバランスも崩れてしまいます。
元に戻ってからまた採卵をしても、どんどん体は崩れてきます。

年齢や病院の方針もありますが、痛みがあっても無麻酔排卵を選ぶほうが長期的にはいいかもしれませんね?

妊活サプリ 先輩ママが飲んでいた人気ランキング

1位:オールインワン妊活サプリ マカナ



マカナは、2016年に新発売された最新の妊活サプリで、なんといっても妊活に必要な成分をすべて含んでいるのが大きな特徴です。

さらに、使用しているマカは国産無農薬マカ100%で安心・安全。

葉酸や鉄分、不妊症に良いとされるビタミンEなど妊活に必要な成分がすべて含まれているので、あれもこれもと飲む必要がありません。
飲むサプリを一つに絞りたい方にはこちらのマカナがおすすめです。

マカナを飲んだ私の体験談はこちらです。

2位:ママニック葉酸サプリ



ママニックは吸収率の高いモノグルタミン酸型葉酸を推奨量400μg配合した葉酸サプリです。

葉酸400μgに加え、カルシウム・ミネラル・ビタミン・アミノ酸が29種類と最大限バランスよく配合されています。
放射能検査も行っているので安心!

ママニック葉酸サプリを飲んだ私の体験談はこちらです。



3位:国産マカ100%使用!full-me MIUフルミーマカ



フルミーマカは国産無農薬のマカを100%使った妊活サプリです。
高吸収で飲みやすいソフトカプセルを採用なので、妊娠後も飲みやすいのがいいですね。

フルミーマカを実際に飲んだ私の体験談はこちらです。