最近、不妊治療の発展と晩婚化で結構40代出産って多いものです。
芸能ニュースでも40代出産をしている女優さんもかなります。

そういうニュースを身近で感じていると40代出産のリスクを忘れがちです。
40代出産は決して無理なことではありません。

でもきちんとリスクを把握しておかなければいけません。

40代出産で一番のリスクは障害!

卵子の老化は見た目ではわかりません。
どんなに見た目が若くても40代にもなれば20代と違って体は衰えてきます。

個人差はあっても卵子や子宮機能の低下、男性側も精子の運動稼働率の低下などが避けられません。
40代出産でリスクが懸念されるのが染色体異常です。

染色体異常の場合初期流産しやすくなります。
またそのまま出産まで妊娠が継続できたとしてもでダウン症など障害をもった子供が生まれるリスクが高くなります。

先天性異常は卵子の老化がその原因の一つになります。
年齢を重ねるにつれて老化していき、卵子や精子が老化していると染色体に異常をきたすことがあります。

40代出産の場合には障害の有無等のリスクが高いので、そこも覚悟のうえ出産を決意しなければなりません。
障害があれば産まないと思うなら出生前検査をしたほうがいいでしょう。

40代出産の場合子育ての時間が40代スタートなので障害のある子をきちんと育てられるか考えなければいけません。

40代出産には母体へのリスクも高い!

40代出産は母体の健康がとても大切です。
体力の低下や老化、いろいろな理由で40代出産の場合流産や早産、切迫流産や切迫早産のリスクが高くなります。

流産と早産は主に染色体異常も影響があるので、そういうリスクも発生してくるのです。
また無事妊娠が継続できても帝王切開や出血過多などになってしまうリスクもあります。

20代では約10%だった流産の可能性も、40代では倍の約20%となります。
友人は40代で妊娠しましたが胎盤剥離が起きてしまったそうです。

胎盤剥離とは赤ちゃんとお母さんを繋ぐ役目の胎盤が剥がれてしまうことです。
最悪の場合はお母さんの命にも関わります。

40代の産婦死亡の確率は20代に比べて20倍にものぼるといわれています。
40代出産は出産時のリスクも高くなってしまいます。

40代出産はリスクも高いけど本当の幸せは?

40代で妊娠がわかったとき、産むかどうか悩むと思います。
いろいろリスクがあるので躊躇する気持ちはよくわかります。

でもわたしは子供がどうしてもほしくて不妊治療をして高齢出産をした経験からアドバイス!
子供を妊娠できるという奇跡は年齢とともに失われます。

40代出産している女性がいるとはいっても40代で妊娠はかなり難しいことです。
せっかくの妊娠をどうするかは夫婦の考え方一つです。

もし今回あきらめたら、次はもう妊娠できないと思っても過言ではありません!
子育ては大変ですが、得るものは多いです。

あとになって後悔するくらいなら、自分の幸せを追求してもいいのではないでしょうか?

妊活サプリ 先輩ママが飲んでいた人気ランキング

1位:オールインワン妊活サプリ マカナ



マカナは、2016年に新発売された最新の妊活サプリで、なんといっても妊活に必要な成分をすべて含んでいるのが大きな特徴です。

さらに、使用しているマカは国産無農薬マカ100%で安心・安全。

葉酸や鉄分、不妊症に良いとされるビタミンEなど妊活に必要な成分がすべて含まれているので、あれもこれもと飲む必要がありません。
飲むサプリを一つに絞りたい方にはこちらのマカナがおすすめです。

マカナを飲んだ私の体験談はこちらです。

2位:ママニック葉酸サプリ



ママニックは吸収率の高いモノグルタミン酸型葉酸を推奨量400μg配合した葉酸サプリです。

葉酸400μgに加え、カルシウム・ミネラル・ビタミン・アミノ酸が29種類と最大限バランスよく配合されています。
放射能検査も行っているので安心!

ママニック葉酸サプリを飲んだ私の体験談はこちらです。



3位:国産マカ100%使用!full-me MIUフルミーマカ



フルミーマカは国産無農薬のマカを100%使った妊活サプリです。
高吸収で飲みやすいソフトカプセルを採用なので、妊娠後も飲みやすいのがいいですね。

フルミーマカを実際に飲んだ私の体験談はこちらです。