妊娠中トイレに行ったら下着が血まみれであわてて病院にいったら子宮内ポリープと診断された覚えがあります。
流産かもと青ざめましたが、赤ちゃんに異常もなくて安心しました。

出産も無事終え、子供も無事生まれました。
妊娠中子宮内ポリープが何か子供に影響がでたらといろいろ調べました。

子宮内ポリープは子宮内ポリープ手術で除去したほうたいい?

子宮内ポリープは粘膜から発育したイボです。
子宮内ポリープは基本的には本人の自覚症状が無いケースがほとんどです。

わたしも不正出血があるまでは子宮内ポリープがあるなんてわかりませんでした。
まれに不正出血や月経痛を起こすこともあり、貧血を伴ったりすることがあります。

大きさは、小さいもので1センチ以下から、大きいものでは10センチを超える場合もあります。
子宮内ポリープは腫瘍の一種ですがほとんどが良性なので必要以上に心配する必要はありません。

ただごく稀に悪性のことがあります。
子宮内膜癌を心配する女性も多いでしょうが、調べて異常がなければ大丈夫です。

なので私なんかは子宮内ポリープ手術を受けず放置したまんまで妊娠後もいます。
もしかしたら妊娠前から子宮内ポリープがあったのかもしれませんが・・・。

だからといって子宮内ポリープ手術を受けなくてもいいとは言いませんが必要以上に心配する必要もありません。

子宮内ポリープを治療したいときは?

子宮内ポリープが大きい場合は、子宮内ポリープ手術を受ける必要があります。
子宮鏡下において電気メスでポリープを切除します。

子宮内ポリープは薬で治療することはできません。
なので子宮内ポリープ手術以外の方法では治療できないのです。

子宮内ポリープ手術は簡単なものであれば子宮鏡検査と同時にポリープを切除することもあるようです。
通常は入院の必要はない手術なので会社勤めでも1日有給をとるだけで大丈夫です。

といっても病院によっては1泊させることもあるので事前に確認しておいたほうがいいでしょう。
予後が悪いと何日かの入院が必要なときもあります

病院によっても費用は違いますが子宮内ポリープ手術の費用は10万円程度かからない程度です。
場合によってはその半額以下で子宮内ポリープ手術が受けられる場合もありますのでそれほど高額ではありません。

子宮内ポリープは不妊の原因にもなるとはいいものの?

妊娠したくても子宮内ポリープが判明した場合、除去しなくては妊娠しづらい?思う人も多いでしょう。
子宮内ポリープは不妊の原因にもなるのは本当です。

子宮内膜ポリープが邪魔をして着床できないことがあります。
着床障害が原因で妊娠しづらくなる場合があります。

小さな子宮内膜ポリープは1通りの不妊検査でも発見されないことも多く、妊娠できない理由がわからないままにされる場合があります。
そういうときは妊娠しやすくするために子宮内ポリープ手術は有効です。

なので原因不明で妊娠できなくて子宮内ポリープ手術を受けて妊娠したという経験談もあります。
ただ子宮内ポリープがあるから妊娠できないわけではないところが難しいところですね。

妊活サプリ 先輩ママが飲んでいた人気ランキング

1位:オールインワン妊活サプリ マカナ



マカナは、2016年に新発売された最新の妊活サプリで、なんといっても妊活に必要な成分をすべて含んでいるのが大きな特徴です。

さらに、使用しているマカは国産無農薬マカ100%で安心・安全。

葉酸や鉄分、不妊症に良いとされるビタミンEなど妊活に必要な成分がすべて含まれているので、あれもこれもと飲む必要がありません。
飲むサプリを一つに絞りたい方にはこちらのマカナがおすすめです。

マカナを飲んだ私の体験談はこちらです。

2位:ママニック葉酸サプリ



ママニックは吸収率の高いモノグルタミン酸型葉酸を推奨量400μg配合した葉酸サプリです。

葉酸400μgに加え、カルシウム・ミネラル・ビタミン・アミノ酸が29種類と最大限バランスよく配合されています。
放射能検査も行っているので安心!

ママニック葉酸サプリを飲んだ私の体験談はこちらです。



3位:国産マカ100%使用!full-me MIUフルミーマカ



フルミーマカは国産無農薬のマカを100%使った妊活サプリです。
高吸収で飲みやすいソフトカプセルを採用なので、妊娠後も飲みやすいのがいいですね。

フルミーマカを実際に飲んだ私の体験談はこちらです。