子宝を望む方にとって、妊娠しやすい日が分かれば、妊活の1つの励みになります。
その妊娠しやすい日は、基礎体温で見つかることをご存知でしょうか?

基礎体温とは

基礎体温は、起床時、かつ体を動かす前の最も安静状態の体温を指します。
そして、女性のこの体温は、基本的に約0.3℃〜0.5℃の間を変動しているのです。
毎朝、基礎体温を測ると、自身の体が周期的に変化していることが分かります。

一般的な基礎体温のパターンとしては、月経開始から約2週間は「低温期」、その後、次回の月経開始までの約2週間が「高温期」になります。
この低温期と高温期の二相に分かれているのが、理想的な基礎体温です。

低温期から高温期へ変化する前に、一時体温の下がる時期があり、これが排卵日です。
排卵後は、黄体ホルモン(プロゲステロン)がたくさん分泌され、このホルモンには体温上昇の効果があるため、排卵が起こると基礎体温も上がる仕組みです。

また、高温期の後に、体温の下降が見られたら、まもなく月経開始のサインです。
月経は、黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌が急に減少するため、基礎体温をつけていると、スタート時期を予測できます。

基礎体温の測定方法とコツ

まず、目覚めたら布団の中で動かずに、基礎体温計で測定します。
体温計の種類にもよりますが、多くは、体温計の先端を舌の裏側に入れて、軽く口を閉じて測ります。
その際、体温計がずれないよう、手を添えておくと良いでしょう。

コツとしては、毎朝決まった時間に測定することで、より正確な基礎体温がつけられます。
さらに、検温している間は誤差が出ないよう、起き上がったり、動かないようにしてください。

スムーズに測定するため、体温計は枕元に置いて眠り、万が一、起床時間がずれても検温しましょう。
そして、測った基礎体温はきちんとメモすることを忘れずに。
3ヶ月を目安に続けることで、自分の体のリズムが分かります。

基礎体温から分かるのは、妊娠しやすい日だけじゃない?

基礎体温を計測すると、妊娠しやすい日以外にこんなことが分かります。

1)次回の月経が予想できる
2)排卵が順調に行われているか分かる
3)女性ホルモンの分泌をチェックできる
4)体調の変化を予測できる
5)妊娠の可能性を把握できる
6)流産の可能性も確認しやすい
7)更年期症状の早期発見に役立つ

妊娠しやすい日は、どうやって見分けるの?

妊娠は、排卵により、卵巣から出た卵子が精子と巡り合い、子宮内膜へ着床することで成立します。
ですから、排卵後が妊娠しやすい日であり、排卵の2日後までが、最も妊娠しやすい日と言えます。
基礎体温のグラフで見ると、高温期に入る直前が、妊娠しやすい日に該当します。

しかしながら、少しの体調の変化やストレスでも、月経のリズムや基礎体温は変化します。

妊活サプリ 先輩ママが飲んでいた人気ランキング

1位:オールインワン妊活サプリ マカナ



マカナは、2016年に新発売された最新の妊活サプリで、なんといっても妊活に必要な成分をすべて含んでいるのが大きな特徴です。

さらに、使用しているマカは国産無農薬マカ100%で安心・安全。

葉酸や鉄分、不妊症に良いとされるビタミンEなど妊活に必要な成分がすべて含まれているので、あれもこれもと飲む必要がありません。
飲むサプリを一つに絞りたい方にはこちらのマカナがおすすめです。

マカナを飲んだ私の体験談はこちらです。

2位:ママニック葉酸サプリ



ママニックは吸収率の高いモノグルタミン酸型葉酸を推奨量400μg配合した葉酸サプリです。

葉酸400μgに加え、カルシウム・ミネラル・ビタミン・アミノ酸が29種類と最大限バランスよく配合されています。
放射能検査も行っているので安心!

ママニック葉酸サプリを飲んだ私の体験談はこちらです。



3位:国産マカ100%使用!full-me MIUフルミーマカ



フルミーマカは国産無農薬のマカを100%使った妊活サプリです。
高吸収で飲みやすいソフトカプセルを採用なので、妊娠後も飲みやすいのがいいですね。

フルミーマカを実際に飲んだ私の体験談はこちらです。