対外授精の中で一番の難関は採卵です。
採卵がうまくいって、受精卵ができなければ対外授精を受けることができません。

うまく採卵できても受精させる工程で分割が止まってしまってもだめです。
受精卵の作り方には主に分割胚と胚盤胞があります。

採卵し終わると、卵子のグレードの説明を分割胚と胚盤胞どちらにするか選択を迫られます。
対外授精は大きな賭けです。

できれば少しでも妊娠の確率を高くしたいですよね?
受精卵の分割度合によって妊娠率は異なります。

分割胚と胚盤胞の違いとは?

分割胚とは4〜8細胞まで受精卵を分割させたものです。
分割胚で移植する場合、胚盤胞移植とは違って分割胚から胚盤胞の成長過程を母体の中で過ごすことができます。

母体の中で育つほうが胚にとって良い環境で分割を続けることができます。
元々胚盤胞まで成長可能な胚であればより良質な胚への成長が期待できます。

体外で胚盤胞にならない胚が母体の中なら胚盤胞まで成長できる可能性あります。
ただ欠点としては胚盤胞移植よりは妊娠率は低いことです。

より自然に近い形である反面、元々胚盤胞まで成長できない可能性が高いのです。
胚盤胞で移植する場合、やはりすでに胚盤胞まで成長している分、妊娠率は分割胚移植より高いです。

分割胚と胚盤胞のどっちが妊娠しやすい?

分割胚と胚盤胞の移植だけでみたら胚盤胞のほうが妊娠しやすいといえます。
でも、実際には卵子のグレードや採卵の数、年齢など考慮したほうがいいでしょう。

胚盤胞の欠点は採卵した卵子が受精卵として移植できる確率が少なることです。
胚盤胞培養したことによって元々妊娠できるはずだった胚ができない胚になってしまう可能性があります。

なのでせっかく採卵できても受精卵にならず廃棄になってしまい、対外授精を受けられない危険性もあります。
そもそも移植できなければ妊娠どころではありません。

なので採卵があんまりできない女性は受精卵を多く作ったほうがいいかもしれませんね。
その場合分割胚移植がおすすめです。

1回の胚移植の妊娠率を高くしたいなら胚盤胞です。
どっちが妊娠率がたかくなるかは総合的に考えたほうがいいでしょう。

妊活サプリ 先輩ママが飲んでいた人気ランキング

1位:オールインワン妊活サプリ マカナ



マカナは、2016年に新発売された最新の妊活サプリで、なんといっても妊活に必要な成分をすべて含んでいるのが大きな特徴です。

さらに、使用しているマカは国産無農薬マカ100%で安心・安全。

葉酸や鉄分、不妊症に良いとされるビタミンEなど妊活に必要な成分がすべて含まれているので、あれもこれもと飲む必要がありません。
飲むサプリを一つに絞りたい方にはこちらのマカナがおすすめです。

マカナを飲んだ私の体験談はこちらです。

2位:ママニック葉酸サプリ



ママニックは吸収率の高いモノグルタミン酸型葉酸を推奨量400μg配合した葉酸サプリです。

葉酸400μgに加え、カルシウム・ミネラル・ビタミン・アミノ酸が29種類と最大限バランスよく配合されています。
放射能検査も行っているので安心!

ママニック葉酸サプリを飲んだ私の体験談はこちらです。



3位:国産マカ100%使用!full-me MIUフルミーマカ



フルミーマカは国産無農薬のマカを100%使った妊活サプリです。
高吸収で飲みやすいソフトカプセルを採用なので、妊娠後も飲みやすいのがいいですね。

フルミーマカを実際に飲んだ私の体験談はこちらです。