ちょっと前まではアラフォーで妊活なんて考えられなかった時代でした。
でも、最近は晩婚化や不妊治療の進歩でアラフォーで妊娠も珍しくない時代になりました。

実際にわたしが不妊治療で通っていた病院にもたくさんアラフォーはいました。
当時は30代で不妊治療しなければ妊娠できないかもと思っていたので、妊活中励まされました。

しかも出産しているアラフォーの女性も多くて、産後もママ友になれちょっとうれしかったです。
アラフォーの妊活事情をご紹介したいと思います。

アラフォーでも妊娠できる?

アラフォーでも妊娠は不可能ではありません!
卵子の老化が進んで妊娠できないと誤解している人も多いですが、それは間違いです。

確かに35歳を過ぎると妊娠できる確率は急激に下がるのは事実です。
アラフォーの場合、およそ6割が加齢に伴う卵子の質の低下によるものと考えられています。

女性ホルモンが保たれていても卵子の質が低下していると受精がしづらくなります。
また加齢に伴い卵巣機能が低下していきます。、

アラフォーは20代〜30代に比べてどうしても妊娠力が下がってしまういます。
だからといって排卵しているうちは妊娠できないわけではあります。

なのでアラフォーであっても健康的な生活を送ってきた人ほど妊娠できるんです。
アラフォーで妊活だっておかしくないのです。

アラフォーの妊活のポイントは?

とはいってもアラフォーの妊活は20代、30代と同じというわけにはいきません。
アラフォーとなってくると、若いころに比べてどうしても妊娠力が落ちてきます。

どんなに元気でも卵巣機能の低下も、卵子の老化も避けることはできません。
なのでアラフォーの妊活はタイムリミットを覚悟して妊活を行うことです。

ただ必要以上にあせったり悲観したりする必要はありません。
アラフォーの妊活で大切なのは、老化の低下のペースをどれだけ遅くさせるかです。

まず健康的な生活が健康的な体の基本です。
徹底した生活の管理が必要であることを忘れないようにしましょう。

不妊要因を作らないように、食事ではタンパク質、糖質、脂質、ビタミン、ミネラルの5大栄養素をバランスよく摂取することが大切です。
喫煙、アルコールの過剰摂取にも気をつけましょう。

血流の悪化は卵巣や子宮機能の低下を招くのでこれにつながるタバコ、過剰飲酒は禁物です。
妊活中は完全に禁煙しましょう。

冷え解消も妊活にはとっても大切なことです。
適度な運動や入浴の習慣化をおすすめします。

体を温めるものを積極的に摂り、逆に冷やすものは控えるなどの工夫も必要でしょう。
ウォーキング程度の軽い運動は血行を良くするため習慣化するとよいでしょう。

40代の妊活に不妊治療は近道

アラフォーの妊活は時間がとっても大切です。
なので少しでも妊娠に近道をするために不妊治療をすることをおすすめします。

もちろん、アラフォーだからといって必ずしも不妊治療する必要はありません。
しかし不妊の原因がないかどうかを確認する意味合いでも妊活するなら不妊治療はおすすめです。

同じ不妊治療でも35歳未満での不妊治療と、35歳以降の不妊治療では事情が異なってきます。
そこは意識いておかなければいけませんね。

妊活サプリ 先輩ママが飲んでいた人気ランキング

1位:オールインワン妊活サプリ マカナ



マカナは、2016年に新発売された最新の妊活サプリで、なんといっても妊活に必要な成分をすべて含んでいるのが大きな特徴です。

さらに、使用しているマカは国産無農薬マカ100%で安心・安全。

葉酸や鉄分、不妊症に良いとされるビタミンEなど妊活に必要な成分がすべて含まれているので、あれもこれもと飲む必要がありません。
飲むサプリを一つに絞りたい方にはこちらのマカナがおすすめです。

マカナを飲んだ私の体験談はこちらです。

2位:ママニック葉酸サプリ



ママニックは吸収率の高いモノグルタミン酸型葉酸を推奨量400μg配合した葉酸サプリです。

葉酸400μgに加え、カルシウム・ミネラル・ビタミン・アミノ酸が29種類と最大限バランスよく配合されています。
放射能検査も行っているので安心!

ママニック葉酸サプリを飲んだ私の体験談はこちらです。



3位:国産マカ100%使用!full-me MIUフルミーマカ



フルミーマカは国産無農薬のマカを100%使った妊活サプリです。
高吸収で飲みやすいソフトカプセルを採用なので、妊娠後も飲みやすいのがいいですね。

フルミーマカを実際に飲んだ私の体験談はこちらです。