体外受精にステップアップするとき、いろいろ種類があってびっくりすると思います。
しかも体外受精の施術前からいろいろ準備があり、選択肢もあります。

その一つが体外受精の採卵方法です。
採卵できなければ体外受精を受けることができません。

採卵方法にはショート法とモデレート法があります。
病院の方針にもよりますが、ショート法とモデレート法迷いますよね。

ショート法とモデレート法とは?

体外受精で健康な卵子を取り出す採卵は重要な工程です。
成熟した卵子がなければ、受精をサポートすることはできないからです。

体外受精の採卵方法は様々あって、その違いがなかなかわかりにくいものです。
ショート法というのは生理後に卵子の成長を止め、採卵の数日前から薬剤で卵子の成長を促した後に採卵する方法です。

薬剤を使う期間が短く、刺激が少ないのが特徴です。
通院の時間がない、自己注射ができないといった方に向いています。

ショート法のメリットとしてはホルモンの大量分泌が期待できます。
しかもショート法は誘発量の使用量が減らせます。

ただ黄体化ホルモンの大量分泌により、卵胞の質が悪くなる場合があります。
ショート法の場合下垂体回復まで時間がかかるので、体外受精後の元に戻るのもが大変です。

一方モデレート法ですが、あまり知らない人も多いでしょう。
モデレート法は一般的な言い方じゃなかったようです。

モデレート法は別名マイルド法やフレンドリー法と呼ばれる事もあります。
セロフェン内服+数回の排卵誘発注射の低刺激で排卵を促す方法です。

モデレート法の排卵は点鼻薬を使用します。
モデレート法は低刺激法なのでロング法やショート法に比べると比較的作用が穏やかです。

比較的カラダには優しい方法です。
OHSSのリスクが高い人向けです。

ショート法とモデレート法どっちがいい?

ショート法とモデレート法で気になるのが薬の種類で質の低下が起こってしまうのでは?と不安になる人もいるでしょう。
排卵誘発はその周期で消えていく卵子を呼び起こしてるのであるから高齢の方ほどドンドン誘発刺激したほうがいいという説もあります。

また排卵誘発しても停止してしまい胚盤胞になる個数は自然周期と最終的に同じとされてる病院もあります。
あくまでも卵子の質は個人差が大きいようです。

ショート法とモデレート法どちらを選んでも卵子の質は下げません。
ショート法とモデレート法に合うか合わないもあるので、そこを見極めるのが大切です。

ショート法でAMHの高い人にもやっていたら卵胞を20個以上作ってしまって、卵子の質が下がったという人もいます。
かといってモデレート法では卵子の質が悪かったのにショート法では卵子の質があがったという人もいます。

情報があり過ぎて何を取り入れればいいのか迷ってます。
仕事されてる方には負担も大きいですよね。

妊活サプリ 先輩ママが飲んでいた人気ランキング

1位:オールインワン妊活サプリ マカナ



マカナは、2016年に新発売された最新の妊活サプリで、なんといっても妊活に必要な成分をすべて含んでいるのが大きな特徴です。

さらに、使用しているマカは国産無農薬マカ100%で安心・安全。

葉酸や鉄分、不妊症に良いとされるビタミンEなど妊活に必要な成分がすべて含まれているので、あれもこれもと飲む必要がありません。
飲むサプリを一つに絞りたい方にはこちらのマカナがおすすめです。

マカナを飲んだ私の体験談はこちらです。

2位:ママニック葉酸サプリ



ママニックは吸収率の高いモノグルタミン酸型葉酸を推奨量400μg配合した葉酸サプリです。

葉酸400μgに加え、カルシウム・ミネラル・ビタミン・アミノ酸が29種類と最大限バランスよく配合されています。
放射能検査も行っているので安心!

ママニック葉酸サプリを飲んだ私の体験談はこちらです。



3位:国産マカ100%使用!full-me MIUフルミーマカ



フルミーマカは国産無農薬のマカを100%使った妊活サプリです。
高吸収で飲みやすいソフトカプセルを採用なので、妊娠後も飲みやすいのがいいですね。

フルミーマカを実際に飲んだ私の体験談はこちらです。