ちょっと前にNHKの番組で卵子の老化が話題になりました。
40代になると卵子が老化してきて質が低くなりさらに妊娠しにくい体質に変わってきます。

なので、40代で妊活しようとする人はすぐに不妊治療を始める人が多いと思います。
不妊治療はタイミング療法から徐々にステップアップして人工授精、体外受精になるのが一般的です。

でも、40代の場合には年齢のリミットもあるのですぐに人工授精や体外受精にステップアップする場合が多いです。
そうはいってもいきなり体外受精はちょっと抵抗ありますよね。

なので40代の女性はまず人工授精にチャレンジしてみたはどうでしょうか?

40代の女性の人工授精で妊娠できる確率は?

40代の1周期あたりの妊娠率は人工授精で4.4%、新鮮胚移植で15.7%、そして、凍結胚移植で33.1%になっています。
41歳では人工授精が3.6%、42歳では順番に0.9%、43歳では0.7%、44歳では0.4%となっています。

年齢とともに妊娠できる確率が減少していることがわかります。
でも、人工授精は自然妊娠に比べて妊娠できる確率は高いものです。

不妊治療で40代に女性に人工授精を進める理由がいくつかあります。
その理由は、なんと言っても、人工授精は多くの回数を行うことが出来るからです。

確率だけで言えば体外受精を毎周期行うことが最も妊娠しやすいと思います。
それはとても現実的なことではありません。

肉体的な負担もさることながら、経済的な負担も相当大きいからです。
せいぜい、年に3、4回と言ったところでしょう。

それに比べて人工授精を毎周期行うことは経済的な負担という面からでも可能なことです。
自然周期の人工授精を基本にしているので、体への負担も少なくてすみます

人工授精一回あたりの妊娠率は、年齢が高くなると大変低いのです。
しかし人工授精の回数を重ねることで妊娠率はそこそこのレベルになるというわけです。

人工授精で妊娠する確率を上げたい!

40代の女性に人工授精を成功させる秘訣はストレスに打ち勝つことです。
イライラすると、脳に悪い影響がでます。

妊娠に関係する女性ホルモンって脳で分泌し卵巣に影響します。
40代の不妊治療中だとストレスも相当なものです。

ストレスは体の機能を低下させ、冷え性や頭痛などをおこさせます。
冷えは体が冷えるのでイライラするだけでなく卵巣や子宮の機能も落ちやすいので要注意です。

不妊治療中は夫婦げんかしやすくなったりといろいろ摩擦が生じます。
他人の何気ない言葉に敏感に反応してしまうことも・・・。

まずは心をゆったりさせることが大切です。

妊活サプリ 先輩ママが飲んでいた人気ランキング

1位:オールインワン妊活サプリ マカナ



マカナは、2016年に新発売された最新の妊活サプリで、なんといっても妊活に必要な成分をすべて含んでいるのが大きな特徴です。

さらに、使用しているマカは国産無農薬マカ100%で安心・安全。

葉酸や鉄分、不妊症に良いとされるビタミンEなど妊活に必要な成分がすべて含まれているので、あれもこれもと飲む必要がありません。
飲むサプリを一つに絞りたい方にはこちらのマカナがおすすめです。

マカナを飲んだ私の体験談はこちらです。

2位:ママニック葉酸サプリ



ママニックは吸収率の高いモノグルタミン酸型葉酸を推奨量400μg配合した葉酸サプリです。

葉酸400μgに加え、カルシウム・ミネラル・ビタミン・アミノ酸が29種類と最大限バランスよく配合されています。
放射能検査も行っているので安心!

ママニック葉酸サプリを飲んだ私の体験談はこちらです。



3位:国産マカ100%使用!full-me MIUフルミーマカ



フルミーマカは国産無農薬のマカを100%使った妊活サプリです。
高吸収で飲みやすいソフトカプセルを採用なので、妊娠後も飲みやすいのがいいですね。

フルミーマカを実際に飲んだ私の体験談はこちらです。