不妊の原因の中に、男性不妊の原因である乏精子症というものがあるのをご存じでしょうか。

乏精子症は、男性不妊の80%以上を占め、男性不妊の最も多い原因だといえるでしょう。

乏精子症とは?

では、男性不妊に多い乏精子症とは、どのようなものなのでしょうか。

乏精子症とは、精液内の精子の数が極めて少なく、自然妊娠が非常に難しい不妊原因です。

精子を作る機能に問題がある、造精機能障害ですが、ごくまれに自然妊娠するという場合もありますが、この確率はごくごく稀であり、自然妊娠に期待はできないものとなります。

不妊治療はどのようにする?

乏精子症だった場合、不妊治療はどのような方法を取るのでしょうか。

乏精子症にはいくつかの種類があり、その原因によって不妊治療の方法も変わってきます。

原因がはっきりしている場合、はっきりした原因がわからない場合とがあり、原因の究明を行った上でできる治療を開始したり、原因不明の場合、不妊治療を色々を試して効果のある方法を模索するという場合もあります。

軽度の乏精子症だった場合の不妊治療方法としては、人工授精、さらに中度の乏精子症の場合は体外受精、重度になると顕微受精と、乏精子症の重症度によって、不妊治療の方法も変わっていきます。

また、これに伴い、不妊治療にかかる費用も、乏精子症の状態によって変わることになります。

自然妊娠するための精子の濃度

乏精子症は、精液に含まれる精子の量が少ないことでおこる男性不妊ですが、では、自然妊娠するために必要な精子の濃度はどれくらいあればよいのでしょうか。

精液の基準値としては、精子濃度は1mlあたり1500万個以上となっています。

さらに自然妊娠しやすくなる精子濃度は、1mlあたり4000万個以上で、運動率も50%を越える必要があるようです。

乏精子症で不妊治療を必要とするのは、精子濃度が1mlあたり1000万個を下回る場合から受けるケースが多いようです。

しかし、女性側が妊娠しやすい体であったり、運動率が非常に優れていた場合などが重なると、ごくまれに精子濃度1mlあたり1000万個以下でも、自然に妊娠したというケースも報告されています。

妊活サプリ 先輩ママが飲んでいた人気ランキング

1位:オールインワン妊活サプリ マカナ



マカナは、2016年に新発売された最新の妊活サプリで、なんといっても妊活に必要な成分をすべて含んでいるのが大きな特徴です。

さらに、使用しているマカは国産無農薬マカ100%で安心・安全。

葉酸や鉄分、不妊症に良いとされるビタミンEなど妊活に必要な成分がすべて含まれているので、あれもこれもと飲む必要がありません。
飲むサプリを一つに絞りたい方にはこちらのマカナがおすすめです。

マカナを飲んだ私の体験談はこちらです。

2位:ママニック葉酸サプリ



ママニックは吸収率の高いモノグルタミン酸型葉酸を推奨量400μg配合した葉酸サプリです。

葉酸400μgに加え、カルシウム・ミネラル・ビタミン・アミノ酸が29種類と最大限バランスよく配合されています。
放射能検査も行っているので安心!

ママニック葉酸サプリを飲んだ私の体験談はこちらです。



3位:国産マカ100%使用!full-me MIUフルミーマカ



フルミーマカは国産無農薬のマカを100%使った妊活サプリです。
高吸収で飲みやすいソフトカプセルを採用なので、妊娠後も飲みやすいのがいいですね。

フルミーマカを実際に飲んだ私の体験談はこちらです。