なかなか妊娠しない、高齢ですぐに妊娠したい・・いろいろな理由で不妊治療をすると思います。
不妊治療を受けるにあたって、病院ではまず不妊の原因について一通り検査を行います。

その検査のなかで比較的初期に受ける検査が卵管造営検査です。
わたしも不妊治療をはじめたときに最初に受けたのが卵管造営検査でした。

特にこれといった不妊に心当たりはありませんでしたが年齢が理由で早めに妊娠したいと思ったからです。
実はこの卵管造営検査って卵管の状態がわかるだけではなく、妊娠率も高めてくれるというんです!

最初それを知ったときはとても驚きました。
卵管造営検査を受けるだけで妊娠しやすくなるなんて・・・。

そもそも卵管造営検査ってどんな検査?>

卵管造営検査は子宮の内部の形の異常と卵管の通りを調べる検査です。
例えば両方の卵管が閉塞していればすぐにわかります。

あとは子宮や卵管の形なんかもわかり、不妊の原因を特定することもできます。
卵管閉鎖の場合には人工授精を行っても妊娠は難しいので、すぐに体外受精という手段にいきます。

子宮の中に壁ができて2分される双角子宮などもわかります。
そういうことを診断するために卵管造影検査はおこなわれます。

卵管造影検査の子宮口からカテーテルという細い管を子宮の中に入れて、造影剤を注入してレントゲン写真を撮ります。
卵管が詰まっていればその先へは造影剤は流れていきませんから、その先は写真には写ってきません。

子宮の内側の形や卵管と卵巣の癒着なども調べることができます。
卵管造営検査を受けたことがありますが、結構痛く、出血しました・・・。

卵管造影検査後の妊娠ゴールデンタイム

卵管造影検査の子宮口からカテーテルを子宮の中に入れて、造影剤を注入するということがとってもポイントです。
卵管造影検査自体は治療ではありません。

でも、造影剤が広がったことで卵管の通りがよくなって妊娠する確率が高まるといわれています。
卵管が詰まっている人ほど卵管造営検査が痛いといわれています。

でもそういう人ほど妊娠率アップ効果が大きいというのです。
病院の中には、軽度の不妊症の治療目的で卵管造影検査を行う病院もあるくらいですよ。

一的に子宮卵管造影後は妊娠しやすい時期・ゴールデンタイムがあると言われています。
検査後約半年間は妊娠しやすい時期が続くようです。

ゴールデンタイムがある理由として卵管が粘液などで詰まっている状態が造影剤が通ることによって開通し卵子が通りやすくなったためと考えられています。
また、卵管のつまりや癒着が解消されることで、卵管の繊毛の動きが良くなり卵子が子宮へ運ばれやすくなるためとも言われます。

とはいっても卵管造営検査の妊娠率アップ効果は解明されていないのですが・・・。
学会の報告なでどでは原因不明不妊症の約40%に妊娠が成立したというデータもあるのでデマではないでしょう。

卵管造営検査後6カ月以内で妊娠し,約80%が1年以内で妊娠するというデータもあります。
なので、卵管造営検査を受けたら、タイミングをとることをお忘れなくチャンスをいかしましょう。

妊活サプリ 先輩ママが飲んでいた人気ランキング

1位:オールインワン妊活サプリ マカナ



マカナは、2016年に新発売された最新の妊活サプリで、なんといっても妊活に必要な成分をすべて含んでいるのが大きな特徴です。

さらに、使用しているマカは国産無農薬マカ100%で安心・安全。

葉酸や鉄分、不妊症に良いとされるビタミンEなど妊活に必要な成分がすべて含まれているので、あれもこれもと飲む必要がありません。
飲むサプリを一つに絞りたい方にはこちらのマカナがおすすめです。

マカナを飲んだ私の体験談はこちらです。

2位:ママニック葉酸サプリ



ママニックは吸収率の高いモノグルタミン酸型葉酸を推奨量400μg配合した葉酸サプリです。

葉酸400μgに加え、カルシウム・ミネラル・ビタミン・アミノ酸が29種類と最大限バランスよく配合されています。
放射能検査も行っているので安心!

ママニック葉酸サプリを飲んだ私の体験談はこちらです。



3位:国産マカ100%使用!full-me MIUフルミーマカ



フルミーマカは国産無農薬のマカを100%使った妊活サプリです。
高吸収で飲みやすいソフトカプセルを採用なので、妊娠後も飲みやすいのがいいですね。

フルミーマカを実際に飲んだ私の体験談はこちらです。