確定申告ってやったことがないと、ハードルが高く感じられます。
でも、やってみると意外と簡単にできるんです。

特に不妊治療をしている女性は医療費控除を知っておいたほうが得でしょう。
不妊治療中ちょっとでも家計の負担を減らしたいですよね?

わたしでも医療費控除利用できるの?

不妊治療にかかる費用は高額です。
しかも医療保険が適用にならないことが多いのも不妊治療が高額になる理由の一つです。

でも、保険診療にならない不妊治療費も医療費控除の対象になります。
1年間の医療費が10万円を超えていたり、または所得金額の5%を超えている場合に申告することができます。

収入が多い方が医療費控除を請求したほうがお得です。
控除の対象は、その年の1月1日から12月31日までの間に病院などに支払った医療費です。

ただ不妊治療の一環としてのサプリ、妊娠検査薬や排卵検査薬などは対象になりませんのでご注意ください。
また、不妊治療の助成金をもらっている人も多いと思います。

不妊治療の合計金額からは助成金の費用をひいたものが控除の対象になります。
ただ、緊急で体調不良をおこし、病院にいくためにタクシーを使ったときなどは医療費控除に使えます。

その時にはタクシーの領収書を医療費控除のためにとっておきましょう。

医療費控除の申告を忘れても大丈夫!

確定申告などにあまり縁がないとつい医療費控除の存在を後から知ったという場合もあります。
医療費の確定申告は過去5年間にさかのぼって申請できます!

だから医療費控除の申告忘れたと思っても大丈夫です!
まだ助成金をもらっていないという場合、先に助成金はなしで申請をしてもOK。

実際に振り込まれてから確定申告の訂正をすれば大丈夫です。
医療費が10万円を超えているなら、確定申告をすることで、翌年の住民税は安くなります。

なので所得税が戻ってくるだけではなく、翌年の税金徴収も抑えられるのです。

医療費控除の申告はめんどくさがらずに申告しよう

確定申告なんてやったことがない!という人でも大丈夫です。
きちんと不妊治療の領収書をとっておいて、確定申告の前に税務署に相談にいきましょう。

無料相談コーナーを設けているところもあるので、わざわざ税理士に依頼する必要もありません。
ただし、領収書はきちんととっておきましょうね。

ここが重要なことです。
最近の確定申告はネットからでもできるのでとても便利です。

住基カード(これからはマイナンバーカード)で領収書添付も省略できますよ!
自宅で気軽に確定申告できます。

妊活サプリ 先輩ママが飲んでいた人気ランキング

1位:オールインワン妊活サプリ マカナ



マカナは、2016年に新発売された最新の妊活サプリで、なんといっても妊活に必要な成分をすべて含んでいるのが大きな特徴です。

さらに、使用しているマカは国産無農薬マカ100%で安心・安全。

葉酸や鉄分、不妊症に良いとされるビタミンEなど妊活に必要な成分がすべて含まれているので、あれもこれもと飲む必要がありません。
飲むサプリを一つに絞りたい方にはこちらのマカナがおすすめです。

マカナを飲んだ私の体験談はこちらです。

2位:ママニック葉酸サプリ



ママニックは吸収率の高いモノグルタミン酸型葉酸を推奨量400μg配合した葉酸サプリです。

葉酸400μgに加え、カルシウム・ミネラル・ビタミン・アミノ酸が29種類と最大限バランスよく配合されています。
放射能検査も行っているので安心!

ママニック葉酸サプリを飲んだ私の体験談はこちらです。



3位:国産マカ100%使用!full-me MIUフルミーマカ



フルミーマカは国産無農薬のマカを100%使った妊活サプリです。
高吸収で飲みやすいソフトカプセルを採用なので、妊娠後も飲みやすいのがいいですね。

フルミーマカを実際に飲んだ私の体験談はこちらです。