生理不順などで婦人科を受診するとデュファストンが処方されることがあります。
デュファストンという名前は難しくて、ちょっと不安になる人もいるでしょう。

でも、デュファストンは婦人病にとっても効果のある薬です。
デュファストンの効果と副作用についてご紹介したいと思います。

デュファストンはどんな薬なの?

そもそもデュファストンとは合成黄体ホルモン剤のことです。
デュファストンの最大の効果は黄体ホルモンを補う作用があります。

デュファストンを服用すると体内で天然の黄体ホルモンと同じ働きをしてくれます。
産婦人科で幅広く利用されています。

合成黄体ホルモン剤にも様々なものがありますが比較的副作用が少ないので重宝されています。
デュファストンは不妊症や妊娠維持を助ける薬としても広く利用されています。

デュファストンにはどんな効果があるの?

デュファストンの効果で一番期待されるのは生理周期を整えてくれる作用があります。
特に黄体機能不全が原因で生理不順や月経周期異常になってしまった人に有効です。

デュファストンは黄体ホルモンを補充してくれる働きがあるからです。
生理不順や無月経が不妊の原因と考えられる場合、正常な生理周期にするためにデュファストンを一定期間服用します。

生理周期を正常にすることで排卵日を特定してタイミングを取りやすくすることができるようになります。
デュファストンを一定期間使用すると、黄体ホルモンが体内に満たされることで子宮内膜が厚くなってきます。

子宮内膜は妊娠時に受精卵を着床させ続けるのに大切なものですが、妊娠しなかった周期は毎回剥がれ落ちていき、それがいわゆる生理と呼ばれる現象です。
デュファストンで人工的に子宮内膜を充実させた後に服用を止めると生理が起こるので、これを続けることで正しい生理周期に戻せるようになるのです。

黄体機能不全による不妊症などを改善する効果もあるので、デュファストンは不妊治療にも使われます。
妊娠するには受精卵が子宮内膜に着床し続けられないといけません。

子宮内膜が厚くなるのに必要な黄体ホルモンの分泌が弱い黄体機能不全の方などはそのままでは妊娠確率が通常より低くなることがあります。
そのため、デュファストンを使用し、意図的に黄体ホルモンを体内に増やし子宮内膜が厚くなりやすくして妊娠する可能性を高める効果があります。

そのほかにも子宮内膜の厚さを維持することで妊娠を継続しやすくする効果があるので体外受精の成功率をあげるために使用されたりします。
ただし、副作用もあるので、乱用は禁物です。

デュファストンの副作用には気を付けよう!

デュファストンは合成ホルモン剤なので大きな副作用はでにくいとされています。
だからといって副作用がないわけではありません!

重篤な副作用がでることはほとんどありませんが、デュファストンの副作用そのものはたくさんの症状があります。
イライラ、憂うつ、腹痛、下腹部痛、下痢、不正出血などの副作用が出る場合があります。

身体が慣れてくるにつれて、副作用の症状は落ち着いてきますのであまり心配は要りません。
ただし、あまりにも副作用の症状がつらいときには我慢せずに医師に相談するようにしてください。

なお、黄体ホルモンがもともと過剰な人だと効果もあまりないばかりか副作用が出やすいので気を付けましょう。

妊活サプリ 先輩ママが飲んでいた人気ランキング

1位:オールインワン妊活サプリ マカナ



マカナは、2016年に新発売された最新の妊活サプリで、なんといっても妊活に必要な成分をすべて含んでいるのが大きな特徴です。

さらに、使用しているマカは国産無農薬マカ100%で安心・安全。

葉酸や鉄分、不妊症に良いとされるビタミンEなど妊活に必要な成分がすべて含まれているので、あれもこれもと飲む必要がありません。
飲むサプリを一つに絞りたい方にはこちらのマカナがおすすめです。

マカナを飲んだ私の体験談はこちらです。

2位:ママニック葉酸サプリ



ママニックは吸収率の高いモノグルタミン酸型葉酸を推奨量400μg配合した葉酸サプリです。

葉酸400μgに加え、カルシウム・ミネラル・ビタミン・アミノ酸が29種類と最大限バランスよく配合されています。
放射能検査も行っているので安心!

ママニック葉酸サプリを飲んだ私の体験談はこちらです。



3位:国産マカ100%使用!full-me MIUフルミーマカ



フルミーマカは国産無農薬のマカを100%使った妊活サプリです。
高吸収で飲みやすいソフトカプセルを採用なので、妊娠後も飲みやすいのがいいですね。

フルミーマカを実際に飲んだ私の体験談はこちらです。