いつくになっても女性は子供がほしいをいう気持ちは当然だと思います。
しかも昨今は女性の社会進出もめざましく、40代になって出産を考える女性も増えています。

一昔前なら40代で妊娠・出産なんて無理といわれるかもしれませんが、そんなことはありません。

たしかに20代、30代に比べて妊娠しづらいというデータはありますが、不妊治療技術だってめざましく進歩しています。

実際に不妊治療外来には40代の女性の方はたくさんいます。
そして40代で不妊治療を成功させた人だってたくさんいます。

40代で自然妊娠できるかどうか?

実際のところ40歳以上の女性はどれくらいの確率で妊娠しているか知っておいたほうがいいでしょう。
30代前半までは約40%あった妊娠率は、35歳以降で減少を始め、40歳で約20%、45歳では約5%になります。

それに伴って、不妊治療の中でも一番高度な体外受精において年齢を重ねるに連れて成功率は減少します。
でも、0%ではないのです!

40代でもそれ相応に妊娠、出産されている人は私の周囲にも何人もいます。
不妊治療別の成功率はタイミング法などの一般不妊治療が30%、人工授精が21%、体外授精は49%というデータもあります。

確かに若い年代に比べて少ない妊娠率ですが、40代妊娠は不可能な次元ではないのです。
妊娠しづらければ、きちんと不妊治療を受ければいいのです。

40代で不妊治療はするべき?

40代だからすぐ不妊治療しなければいけないというわけでもありませんが、わたしは不妊治療をおすすめします。
卵子の老化は日々進行しているので、少しでも妊娠できる確率を高くするという点ではいいでしょう。

妊娠は今までの生活スタイルや健康が影響してきます。
不妊治療のほかに、規則正しい生活・バランスのよい食事に気を付けたほうがいいでしょう。

そのうえで不妊治療をして、不妊につながる原因があるかどうかしっかり調べた上で妊活を進めたほうがいいと思います。
卵管がつまっているとか卵管造影などで調べてつまりをとると妊娠しやすくなるということもあるので、不妊治療はとってもおすすめです。

不妊治療=体外受精ではないので、自分の考えにあった不妊治療をすすめていくべきです。
不妊治療には排卵日と性交渉のタイミングをあわせるのタイミング法や卵子と精子の受精や着床を人工的にサポートする人工授精、体外受精などがあります。

私が通っていた病院はタイミング療法のほかに、漢方の力も借りていました。
意外と漢方薬は妊娠に効果的で40代の女性でも体質があえば、すごくプラスに働きます。

40代からの不妊治療は早めにステップアップすることがのぞましい!

不妊の症状や年齢などを見ながら治療方法を決めるのが一般的です。
なかには不妊治療に抵抗がある女性もいるでしょう。

ただ、卵子が少しでも若いほうが妊娠トラブルも少なくなりますし、リスクも抑えられます。
妊娠できたとしても、無事に出産までたどり着くかどうかまで考えるとさらに成功率は減少します。

妊活サプリ 先輩ママが飲んでいた人気ランキング

1位:オールインワン妊活サプリ マカナ



マカナは、2016年に新発売された最新の妊活サプリで、なんといっても妊活に必要な成分をすべて含んでいるのが大きな特徴です。

さらに、使用しているマカは国産無農薬マカ100%で安心・安全。

葉酸や鉄分、不妊症に良いとされるビタミンEなど妊活に必要な成分がすべて含まれているので、あれもこれもと飲む必要がありません。
飲むサプリを一つに絞りたい方にはこちらのマカナがおすすめです。

マカナを飲んだ私の体験談はこちらです。

2位:ママニック葉酸サプリ



ママニックは吸収率の高いモノグルタミン酸型葉酸を推奨量400μg配合した葉酸サプリです。

葉酸400μgに加え、カルシウム・ミネラル・ビタミン・アミノ酸が29種類と最大限バランスよく配合されています。
放射能検査も行っているので安心!

ママニック葉酸サプリを飲んだ私の体験談はこちらです。



3位:国産マカ100%使用!full-me MIUフルミーマカ



フルミーマカは国産無農薬のマカを100%使った妊活サプリです。
高吸収で飲みやすいソフトカプセルを採用なので、妊娠後も飲みやすいのがいいですね。

フルミーマカを実際に飲んだ私の体験談はこちらです。