女性の排卵は、妊娠につながる第一歩です。
それが起こらない「無排卵月経」である場合、妊娠は可能なのでしょうか?
無排卵月経の原因や症状などもまとめてみました。

無排卵月経について

月経が来ても、排卵していない状態を「無排卵月経」と呼びます。
その確率は、約10%の女性に起こり、とりわけ30代前後に多く見られます。

症状としては、月経の周期がまちまちで、ひと月に2回生理があったり、生理痛もほとんどありません。
さらに、出血量は少なく、出血が長引くケースも多いのが特徴です。

無排卵月経の原因は?

主な原因として、脳の中枢や卵巣機能の異常が挙げられます。
本来ならば、月経が来る際には、脳から卵巣へ女性ホルモンを出すように指令が出て、卵巣が卵子を育て、女性ホルモンを分泌します。
しかしながら、脳にストレスがかかったり、卵巣がうまく働かない場合、無排卵月経や月経不順、排卵障害などが起こってしまいます。

そもそも脳や卵巣に負担を掛けるのは、過度のストレスや急激なダイエット、生活習慣の乱れ、喫煙、激しい運動、体の冷えなどです。
その他にも、常用薬の影響や生殖器官の病気も無排卵月経の一因になります。

無排卵月経でも、妊娠はできる?

無排卵が続いてしまうと、受精に必要な卵子が出てこないため、妊娠は困難です。
もし、妊娠を希望するなら、不妊治療など、妊娠するための対策を考えなければなりません。

どんな対策を取れば良いの?

まず、無排卵月経かどうかは、基礎体温をつけることで、チェックできます。
通常、排卵が起こると、基礎体温が上がって高温期になり、高温期と低温期の二相から成るのが、正常な基礎体温です。
しかし、無排卵月経の方は、月経があってもずっと低温期が続きます。

ほんの少しのストレスでも、月経周期が乱れることはありますし、特に10代〜20代前半の若いうちは、月経が安定しない人も多いです。
目安としては、低温期が数か月以上続くようなら、無排卵月経の可能性があるため、早めに医療機関を受診しましょう。

病院では、一般的に血液検査を行って、ホルモンなどに異常がないかを確認します。
無排卵月経と診断された場合は、漢方薬や排卵誘発剤、ピルなどのホルモン剤などを使って治療が始まります。

妊娠を希望される方には、早い段階で排卵誘発剤を投与して、排卵を促す傾向にあり、無排卵月経の方でも、治療を経て妊娠されたケースは数多く報告されています。
反対に、今すぐ妊娠を望まない方には、漢方やホルモン剤を用いて、体質改善やホルモンバランスの安定を図ることから始めます。

妊活サプリ 先輩ママが飲んでいた人気ランキング

1位:オールインワン妊活サプリ マカナ



マカナは、2016年に新発売された最新の妊活サプリで、なんといっても妊活に必要な成分をすべて含んでいるのが大きな特徴です。

さらに、使用しているマカは国産無農薬マカ100%で安心・安全。

葉酸や鉄分、不妊症に良いとされるビタミンEなど妊活に必要な成分がすべて含まれているので、あれもこれもと飲む必要がありません。
飲むサプリを一つに絞りたい方にはこちらのマカナがおすすめです。

マカナを飲んだ私の体験談はこちらです。

2位:ママニック葉酸サプリ



ママニックは吸収率の高いモノグルタミン酸型葉酸を推奨量400μg配合した葉酸サプリです。

葉酸400μgに加え、カルシウム・ミネラル・ビタミン・アミノ酸が29種類と最大限バランスよく配合されています。
放射能検査も行っているので安心!

ママニック葉酸サプリを飲んだ私の体験談はこちらです。



3位:国産マカ100%使用!full-me MIUフルミーマカ



フルミーマカは国産無農薬のマカを100%使った妊活サプリです。
高吸収で飲みやすいソフトカプセルを採用なので、妊娠後も飲みやすいのがいいですね。

フルミーマカを実際に飲んだ私の体験談はこちらです。