万が一、化学流産が起きてしまったら、その後の妊娠にどのくらい影響が及ぶのか、気になるところです。
そして、化学流産の原因や症状とともに、予防策や妊活が成功する方法はないのでしょうか?
これらについて、詳しく見ていきましょう。

化学流産は、流産ではない?

まず、医学的な流産の定義は、妊娠22週以前に赤ちゃんが亡くなってしまうなどして、妊娠が終了することを言います。
これは、妊娠全体で約1割から2割弱の人に流産が起こり、流産の約8割が妊娠12週未満という初期に起きているのです。

化学流産は、月経予定日〜1週間後位の時期に起こるもので、受精卵の着床前後に、妊娠が継続できなくなった状態を指します。
具体的には、妊娠検査薬で、妊娠の反応は出たけれど、超音波検査で胎嚢が確認できず、次の月経もやって来ます。
化学流産は、「ケミカルアボーション」という別名で呼ばれることもあります。

しかしながら、妊娠は、胎嚢が確認されて初めて成立します。
「流産」と名前がついている化学流産は、胎嚢が確認できていないため、医学的には流産として認められていません。
実際には、「生化学的妊娠」と表現するのが、正式な名称です。

化学流産の原因とは?

健康的なカップルであっても、約3〜4割の確率で化学流産は起きています。
以前は、それほど注目されなかった化学流産ですが、市販の妊娠検査薬の感度が高まったが故に、近年化学流産に気づく人が増えました。

早期流産の原因の半数以上が染色体異常であり、化学流産も大部分がこれに起因すると言われています。
あくまでも自然淘汰であり、妊娠前後の母体の健康状態や生活習慣などは関係しません。

化学流産の症状について

症状としては、個人差はありますが、だるさや経血量の多さ、微熱を感じる人もおり、中には、着床のために厚くなった子宮内膜が剥がれて、ドロッとした血の塊が出る場合もあります。
病院の超音波検査では、赤ちゃんの胎嚢が確認できないため、手術などの処置や特別な治療も行いません。
それに、次回の月経は、普段と変わらない人や少し遅れる人など個人差が見られます。

化学流産後は、すぐに妊娠可能?

化学流産をしたからといって、決して妊娠しづらい体質ではなく、妊娠率は同じです。
すぐに妊娠できた方や半年以上掛かって、子宝に恵まれた方など、その時期はさまざまです。

この染色体異常という自然淘汰は、誰にでも起こりうるものであり、化学流産の前後で子宮内の状態も変わりません。
あいにく自然淘汰はどうすることもできないため、化学流産の予防方法や対策もないのが現状です。

妊活サプリ 先輩ママが飲んでいた人気ランキング

1位:オールインワン妊活サプリ マカナ



マカナは、2016年に新発売された最新の妊活サプリで、なんといっても妊活に必要な成分をすべて含んでいるのが大きな特徴です。

さらに、使用しているマカは国産無農薬マカ100%で安心・安全。

葉酸や鉄分、不妊症に良いとされるビタミンEなど妊活に必要な成分がすべて含まれているので、あれもこれもと飲む必要がありません。
飲むサプリを一つに絞りたい方にはこちらのマカナがおすすめです。

マカナを飲んだ私の体験談はこちらです。

2位:ママニック葉酸サプリ



ママニックは吸収率の高いモノグルタミン酸型葉酸を推奨量400μg配合した葉酸サプリです。

葉酸400μgに加え、カルシウム・ミネラル・ビタミン・アミノ酸が29種類と最大限バランスよく配合されています。
放射能検査も行っているので安心!

ママニック葉酸サプリを飲んだ私の体験談はこちらです。



3位:国産マカ100%使用!full-me MIUフルミーマカ



フルミーマカは国産無農薬のマカを100%使った妊活サプリです。
高吸収で飲みやすいソフトカプセルを採用なので、妊娠後も飲みやすいのがいいですね。

フルミーマカを実際に飲んだ私の体験談はこちらです。