肥沃な土地を保有する北海道。
保管道は最近では新幹線も開通し、観光地としても注目されています。

そんな北海道では赤ちゃんが欲しいけれどもなかなか授からないご夫婦に不妊治療助成金を通して支援しています、
北海道の不妊治療助成金制度についてご紹介したいと思います。

北海道の不妊治療助成金の対象になる治療とは?

北海道の不妊治療助成金が対象となる治療は 体外受精及び顕微授精です。
医師の判断に基づき、やむを得ず治療を中断した場合についても、卵胞が発育しない等により卵採取以前に中止した場合は助成されません。

なお、夫婦以外の第三者から提供を受けた精子・卵子・胚による不妊治療や、代理母、借り腹によるものは対象となりません。
人工授精やタイミング療法が不妊治療助成金の対象にならないのは残念です。

夫婦のいずれか一方が北海道内に住んでいなければいけません。
もちろん、夫婦というのは法律上の婚姻をしていることです。

北海道の不妊治療助成金では所得要件もあります。
夫婦の前年の所得(合計額)が730万円未満であること

所得とは、総収入金額から税法上の必要経費を引いた額つまり控除後の額となります。
なので、所得要件がダメかなと思っても事前に北海道に不妊治療助成金が該当するか確認しましょう。

また、最近では男性不妊に対しても北海道は不妊治療助成金を助成しはじめました。
男性不妊の理解がまだまだなので助かりますよね。

北海道の不妊治療助成金はどのくらいもらえるの?

平成28年1月20日から北海道の不妊治療助成金が変更されました。
初回に限り不妊治療助成金が30万円変更になりました。

治療を中止した場合など一部の不妊治療は不妊治療助成金が1回につき7万5千円までを上限額です。
男性不妊治療費がある場合は15万円です。

平成28年4月1日から対象範囲、助成回数が変わったので気を付けましょう。
妻の年齢が43歳以上の場合、助成対象外となります。

初めて助成を受ける際の治療開始時の妻の年齢が40歳以上43歳未満の場合、助成回数が通算3回までとなります。
年間助成回数と通算助成期間について見直されます。

保険適応されている治療は該当しません。
1回の治療に要した費用が上限額に満たないときは、その治療に要した額となります。

北海道の市町村の不妊治療助成金制度はとってもユニーク!

不妊治療助成金制度の運営は各自治体で定めていますので、内容はそれぞれです。
北海道内の市町村の不妊治療助成金制度はとてもユニークです。

たとえば北海道東川町では過疎化対策として不妊治療助成金を活用しています。

妊活サプリ 先輩ママが飲んでいた人気ランキング

1位:オールインワン妊活サプリ マカナ



マカナは、2016年に新発売された最新の妊活サプリで、なんといっても妊活に必要な成分をすべて含んでいるのが大きな特徴です。

さらに、使用しているマカは国産無農薬マカ100%で安心・安全。

葉酸や鉄分、不妊症に良いとされるビタミンEなど妊活に必要な成分がすべて含まれているので、あれもこれもと飲む必要がありません。
飲むサプリを一つに絞りたい方にはこちらのマカナがおすすめです。

マカナを飲んだ私の体験談はこちらです。

2位:ママニック葉酸サプリ



ママニックは吸収率の高いモノグルタミン酸型葉酸を推奨量400μg配合した葉酸サプリです。

葉酸400μgに加え、カルシウム・ミネラル・ビタミン・アミノ酸が29種類と最大限バランスよく配合されています。
放射能検査も行っているので安心!

ママニック葉酸サプリを飲んだ私の体験談はこちらです。



3位:国産マカ100%使用!full-me MIUフルミーマカ



フルミーマカは国産無農薬のマカを100%使った妊活サプリです。
高吸収で飲みやすいソフトカプセルを採用なので、妊娠後も飲みやすいのがいいですね。

フルミーマカを実際に飲んだ私の体験談はこちらです。