ピンクゼリーを使った産み分けの失敗率や成功率とは、どうなっているのかご存じですか。
赤ん坊の性別を産み分けたいと思う人が試している方法の一つが、ピンクゼリーの利用ですよね。

でも、それを利用した場合でも、必ずしも成功するわけではなくて失敗することもあるので、気になります。
そこで今回は、ピンクゼリーを用いた産み分けの失敗率や成功率についてご説明しましょう。

ピンクゼリーと排卵日の関係

ピンクゼリーを使って産み分けに挑戦する人達も少なくありませんよね。
しかし、このゼリーを使用したからといって必ず成功するわけではなく、失敗することもあるのです。
それは何故なのでしょうか。

そこでまずは、ピンクゼリーの使い方を理解して、少しでも失敗する確立を減らしたいものですね。
このゼリーを正しく用いるためには、生理周期を把握しておくことが大切になります。
つまり、排卵日を知ることが必要になるのですね。

一番良いピンクゼリーの使用タイミングは、排卵日の2日前、次善の策としては排卵日の前日か当日になります。
この時期をうまく利用すれば、70〜80%の成功率になる場合が多いのです。
もちろん、残りの2〜30%は失敗であるわけですね。
ですから、まずは基礎体温をつける習慣を身につけて、排卵日を確実に知るようにしたいものです。

ピンクゼリーと効果持続時間の関係

ピンクゼリーを排卵日のタイミングに合わせて使ったとしても、必ずしも成功とは限りません。
もちろん、失敗してしまうこともあるのです。
それは何故なのでしょうか。

これには、実際にピンクゼリーを使用してから効果を期待できる時間が関わっています。
このゼリーは、赤ん坊の性別が女であることを希望する場合に用いるのですね。

つまり、精子に働きかけるものなのです。
ですから、膣内に入った精子に対して、このゼリーの効果が持続していれば成功する可能性が高まりますが、効果が切れていたら失敗します。

そのため、ピンクゼリーを膣内に入れてから5分〜60分以内に、膣内に精子が入っている状態にすることが望ましいのです。
この時間内であれば、ゼリーの効果が持続していますから精子にうまく働き、女の赤ん坊が生まれる可能性が高くなります。
つまり、70〜80%で生まれてくる赤ん坊の性別が女という成功率だとされている根拠になりますね。
もちろん、残りの2〜30%は失敗ということになりますから、必ず成功するわけではないことに注意しましょう。

ピンクゼリーでの産み分けまとめ

ピンクゼリーを使って赤ん坊の性別を産み分けて女の子を出産したいと願う人達もいます。
しかし、必ず成功するわけではなく、失敗することもあるのですね。

とはいえ、このゼリーをうまく用いることで、70〜80%という高い成功率で産み分けが可能とされています。
そのためには、まず排卵日をきちんと把握することが大切です。
また、膣内にこのゼリーを入れてから5〜60分以内に精子が入っている状態にするようにしましょう。

妊活サプリ 先輩ママが飲んでいた人気ランキング

1位:オールインワン妊活サプリ マカナ



マカナは、2016年に新発売された最新の妊活サプリで、なんといっても妊活に必要な成分をすべて含んでいるのが大きな特徴です。

さらに、使用しているマカは国産無農薬マカ100%で安心・安全。

葉酸や鉄分、不妊症に良いとされるビタミンEなど妊活に必要な成分がすべて含まれているので、あれもこれもと飲む必要がありません。
飲むサプリを一つに絞りたい方にはこちらのマカナがおすすめです。

マカナを飲んだ私の体験談はこちらです。

2位:ママニック葉酸サプリ



ママニックは吸収率の高いモノグルタミン酸型葉酸を推奨量400μg配合した葉酸サプリです。

葉酸400μgに加え、カルシウム・ミネラル・ビタミン・アミノ酸が29種類と最大限バランスよく配合されています。
放射能検査も行っているので安心!

ママニック葉酸サプリを飲んだ私の体験談はこちらです。



3位:国産マカ100%使用!full-me MIUフルミーマカ



フルミーマカは国産無農薬のマカを100%使った妊活サプリです。
高吸収で飲みやすいソフトカプセルを採用なので、妊娠後も飲みやすいのがいいですね。

フルミーマカを実際に飲んだ私の体験談はこちらです。