パーコール法とは産み分けのやり方の1つですよね。
それを行うにあたって必要となる費用や産み分けの成功率について、ご存じですか。

生まれてくる子が男の子だろうと女の子だろうと愛する我が子には変わりありません。
しかし、人それぞれに様々な事情・理由があって、産み分けを希望する場合もあるでしょう。

そんな時に取り上げられる方法の1つが、パーコール法なのです。
そこで今回は、その費用や産み分けの成功率についてご紹介します。

パーコール法のために必要となる費用は?

パーコール法とは産み分けを希望する場合に取られる方法の1つになります。
はたして、この方法を行うにあたって必要となる費用はどれくらいなのでしょうか。

そのためには、まずパーコール法とは何かを理解せねばなりませんね。
この方法は、精液をパーコール液に浸けて遠心分離機でX染色体を持つ精子とY染色体を持つ精子に分けることから始まります。

そして、そのうちのX染色体を持つ精子を女性へ人工授精させるというやり方です。
これは、女性という性が持つ染色体がXであることを利用して女の子を授かりやすくする方法になりますね。
もちろん、人工授精の1つですから、費用がかかるわけです。

このパーコール法では 平均して1回につき費用が2〜5万円であることがほとんどです。
多くの人工授精にかかる料金と同様に初回は高く、5万円くらいかかると見ておくとよいですね。
2回目以降は2万円くらいまで下がる場合も少なくありませんが、事前に産婦人科に問い合わせるのが確実です。

パーコール法による産み分けの成功率は?

生まれてくる赤ん坊の性別を産み分けるために取られる方法の1つがパーコール法ですよね。
その方法を取ると、1回につき2〜5万円の費用を念頭に入れる必要があります。
決して安いとは言えない方法なのですが、はたして産み分けの成功率はどれくらいのものなのでしょうか。

実は、日本国内においてはパーコール法による産み分けは、日本産婦人科学会が1994〜2006年にかけて安全性が不確かだと禁じていたのです。
この2006年に出された日本産婦人科学会の見解では、「追試結果として、100%の確立で精子の選別は不可能。産み分けられるという科学的根拠はない」としています。

ですから、必ずしも産み分けがうまくいくわけではないと理解した上で、安いとはいえない費用をかけて行うことになるのです。

とはいえ、人は様々な事情で産み分けたい希望を抱きますよね。
その中には、各方法にかかる費用面も考慮した上でパーコール法を採用する人もいるのです。
だからこそ、産み分けの成功率が実際にはどんなものなのか知っておきたいものです。

まず、性別には男女ありますから、自然妊娠・出産でも男か女かどちらで生まれてくるかの確立は50%という半々になります。
この確立よりも10〜20%高い数値である60〜70%が、パーコール法による産み分けの成功率だと言われているのです。
このこともあらかじめ考慮したいですね。

パーコール法まとめ

パーコール法という男女の産み分けのやり方は、1回につき2〜5万円くらいの費用がかかります。
これは、精子をXとYという各染色体ごとに遠心分離器を使って分けて女性へ人工授精するという過程を経るからですね。

妊活サプリ 先輩ママが飲んでいた人気ランキング

1位:オールインワン妊活サプリ マカナ



マカナは、2016年に新発売された最新の妊活サプリで、なんといっても妊活に必要な成分をすべて含んでいるのが大きな特徴です。

さらに、使用しているマカは国産無農薬マカ100%で安心・安全。

葉酸や鉄分、不妊症に良いとされるビタミンEなど妊活に必要な成分がすべて含まれているので、あれもこれもと飲む必要がありません。
飲むサプリを一つに絞りたい方にはこちらのマカナがおすすめです。

マカナを飲んだ私の体験談はこちらです。

2位:ママニック葉酸サプリ



ママニックは吸収率の高いモノグルタミン酸型葉酸を推奨量400μg配合した葉酸サプリです。

葉酸400μgに加え、カルシウム・ミネラル・ビタミン・アミノ酸が29種類と最大限バランスよく配合されています。
放射能検査も行っているので安心!

ママニック葉酸サプリを飲んだ私の体験談はこちらです。



3位:国産マカ100%使用!full-me MIUフルミーマカ



フルミーマカは国産無農薬のマカを100%使った妊活サプリです。
高吸収で飲みやすいソフトカプセルを採用なので、妊娠後も飲みやすいのがいいですね。

フルミーマカを実際に飲んだ私の体験談はこちらです。