35歳からの妊活で実行すべきことには、どんなことがあるのかご存じですか。
女性として公私ともに充実する時期でもある年頃である35歳、一体どのようなことをすれば良いのか知りたいものです。
そこで今回は、この年頃からの妊活で実行しておきたいことをご紹介しましょう。

35歳からの妊活で実行すべきことリスト

35歳からの妊活で実行しておくと良いものを挙げると、以下のようになります。

・ 女性ホルモンの分泌がスムーズに行くように努める

女性ホルモンの分泌は、毎月の月経リズムに影響を与えます。

そのため、女性ホルモンの分泌が乱れれば、自然と毎月の月経周期も乱れてしまいがちなのです。
そうなってしまうと、排卵周期も乱れてしまい、時には無排卵月経も引き起こす可能性が出てきますね。
妊娠を希望する場合、こういう状況は避けたいものです。

・ 卵巣や卵子の劣化をできるだけ抑える

年齢と共に卵巣や卵子の状態は衰えていきますが、できるだけ抑えるように努めたいですね。
そのためにも、卵巣や卵子の老化を防ぐ効果が期待できるビタミンEを積極的に摂取します。
例えば、卵やいわし、かぼちゃやほうれん草、木綿豆腐やキウイフルーツ等を食生活に取り入れたいものです。

・ 冷え性を改善して、体を温める

冷え性を抱える女性は少なくありませんが、妊娠を希望するならば、体を温めることを心がけます。
何故なら、血流改善によって体がぬくもると、冷えによって抑えられていた卵巣や子宮の機能が活性化されるからです。
ですから、冷たい飲み物をとる機会を減らし、軽い運動を取り入れる等して、体を温めることが大切になるのです。

このように、35歳からの妊活を行う時にはいくつかのポイントを頭に入れて実行すると良いですね。
公私が充実する35歳の時期だからこそ、気持ちの良い妊活を行いたいものです。

35歳からの妊活で注意したいことは?

35歳といえば、公私ともに脂がのってくる充実した日々を送る女性が多いですよね。
そんな時期からの妊活となりますが、注意したいことがあります。
それは、女性の体と妊娠の関係ですね。

女性の体内に新たな命が宿るというのは、実は素晴らしい奇跡的な瞬間なのです。
性交渉の結果、必ずしも妊娠するわけではないということですね。
排卵時期との兼ね合いもありますから、決して簡単なことではないのです。

まして、35歳という時期は、自然妊娠する可能性が少なくなり始める分岐点の時期でもあるのです。
閉経時期を迎えるまでには時間がありますが、そのぎりぎりまで妊娠が可能かといえば、そうではありません。
ですから、妊活し始めたからといって、うまくスムーズに妊娠しにくい場合も考えられます。

そのため、35歳からの妊活においては、自然妊娠だけではなく、不妊治療も視野に入れておくと良いかもしれません。
自分自身の体調をより良いものに整えながら、より良い妊活を目指したいですね。

妊活サプリ 先輩ママが飲んでいた人気ランキング

1位:オールインワン妊活サプリ マカナ



マカナは、2016年に新発売された最新の妊活サプリで、なんといっても妊活に必要な成分をすべて含んでいるのが大きな特徴です。

さらに、使用しているマカは国産無農薬マカ100%で安心・安全。

葉酸や鉄分、不妊症に良いとされるビタミンEなど妊活に必要な成分がすべて含まれているので、あれもこれもと飲む必要がありません。
飲むサプリを一つに絞りたい方にはこちらのマカナがおすすめです。

マカナを飲んだ私の体験談はこちらです。

2位:ママニック葉酸サプリ



ママニックは吸収率の高いモノグルタミン酸型葉酸を推奨量400μg配合した葉酸サプリです。

葉酸400μgに加え、カルシウム・ミネラル・ビタミン・アミノ酸が29種類と最大限バランスよく配合されています。
放射能検査も行っているので安心!

ママニック葉酸サプリを飲んだ私の体験談はこちらです。



3位:国産マカ100%使用!full-me MIUフルミーマカ



フルミーマカは国産無農薬のマカを100%使った妊活サプリです。
高吸収で飲みやすいソフトカプセルを採用なので、妊娠後も飲みやすいのがいいですね。

フルミーマカを実際に飲んだ私の体験談はこちらです。