中国式産み分けカレンダーというものがあるのですが、当たらないという噂は本当なのでしょうか。
お腹に宿った愛する我が子が男の子か女の子か、産み分けをしたいと希望する人にとっては、気になりますよね。

産み分けるやり方にもいろいろあり、その中の1つが中国式産み分けカレンダーを活用する方法があるのです。
しかし、当たるのか当たらないのか、よくわからないまま利用するよりも、事前に把握しておきたいものです。
そこで今回は、中国式産み分けカレンダーについてご説明しましょう。

中国式産み分けカレンダーとは?

中国式産み分けカレンダーによる産み分けは、当たるのか当たらないか、気になりますよね。
一体どうなのかを知るためには、まず、そのカレンダーが一体どういうものなのかを理解することが大切です。

中国式産み分けカレンダーとは、700〜800年ほど前の元の時代にあたる中国で発見されたものになります。
この時代の王墓で見つかって原本は保管されており、コピーされたものが世の中に出回っていると言われていますね。
それはどのようなカレンダーになっているのでしょうか。

まず、横列は受胎月を表し、左から右へ1〜12月となります。
そして、縦列は数え年を表し、上から下へ18〜45歳となります。
尚、数え年とは、生まれた年=1歳として、年が明けた1月1日ごとに1歳ずつ加算していく年齢算出方法なのです。

その受胎月と数え年が交わったところに書かれている男女の各マークを見て、生まれてくる赤ん坊の性別がわかるというわけですね。
世界中の産み分けを希望をする人達の間では、この中国式産み分けカレンダーを産み分け占いの1種としてよく知られています。
つまり、占いとして捉えられている面もあるため、当たらないということもあるのでしょう。

中国式産み分けカレンダーは当たらない?

中国式産み分けカレンダーは当たらないという噂もありますよね。
はたして、それは事実なのでしょうか。
産み分けを希望する場合、その点ははっきりさせておきたいものです。

一般的に知られている中国式産み分けカレンダー利用による当たった確率は、85〜90%とかなり高いものになっています。
しかも、中国の人達に限定すると99%と当たると言われているのです。

でも、あくまでも「そう言われている」程度の確率であり、実際には、当たらなったという人も相当数いるわけですね。
ですから、当たる当たらない場合の確率は、現実的には高確率とは言えないのです。

そのため、どうしても産み分けたいという希望があるからといって、中国式産み分けカレンダーは絶対に当たる、あるいは絶対に当たらないと絶対視する必要はありません。

もともと「そう言われている」程度の確率でさえ、100%という完全無欠なものではないのです。
つまり、このカレンダーを利用するにあたっては、あくまでも気楽に行える参考程度にとどめておきませんか。

中国式産み分けカレンダーまとめ

中国式産み分けカレンダーは、700〜800年前の中国で発見されたものです。
受胎月と数え年によって生まれてくる赤ん坊の性別がわかるというシステムですが、当たらないという噂もありますよね。

妊活サプリ 先輩ママが飲んでいた人気ランキング

1位:オールインワン妊活サプリ マカナ



マカナは、2016年に新発売された最新の妊活サプリで、なんといっても妊活に必要な成分をすべて含んでいるのが大きな特徴です。

さらに、使用しているマカは国産無農薬マカ100%で安心・安全。

葉酸や鉄分、不妊症に良いとされるビタミンEなど妊活に必要な成分がすべて含まれているので、あれもこれもと飲む必要がありません。
飲むサプリを一つに絞りたい方にはこちらのマカナがおすすめです。

マカナを飲んだ私の体験談はこちらです。

2位:ママニック葉酸サプリ



ママニックは吸収率の高いモノグルタミン酸型葉酸を推奨量400μg配合した葉酸サプリです。

葉酸400μgに加え、カルシウム・ミネラル・ビタミン・アミノ酸が29種類と最大限バランスよく配合されています。
放射能検査も行っているので安心!

ママニック葉酸サプリを飲んだ私の体験談はこちらです。



3位:国産マカ100%使用!full-me MIUフルミーマカ



フルミーマカは国産無農薬のマカを100%使った妊活サプリです。
高吸収で飲みやすいソフトカプセルを採用なので、妊娠後も飲みやすいのがいいですね。

フルミーマカを実際に飲んだ私の体験談はこちらです。