妊娠中にかかる費用は決して少なくはありませんよね。
だからこそ、より良い節約方法を身につけたいものです。
そこで今回は、妊娠中にかかる費用を改めて振り返り、その節約方法についてご紹介します。

妊娠中にかかる費用はどれくらい?

妊娠中にかかる費用をあらためて振り返ると、以下のようなものになりますよね。

妊娠中にかかる費用には様々なものがあることがわかります。

妊婦の検診はトータルで10回前後の検診に必要な金額となるため、合計すると5万〜10万円ほどかかると見てよいですね。

出産準備やマタニティ用品の費用は、出産時の入院生活に必要な衣類や産褥ナプキン・タオル・洗面用具等が考えられます。
また、生まれてくる赤ん坊の肌着やおむつ等も必要になりますね。
これらを合わせると、10万〜15万円ほどかかるのです。

出産に関わる必要な金額は、入院先の産婦人科によって変動がありますね。
個室か大部屋かといったことも含めて、40万円前後かかることが多いのです。
これは保険がきかないからですね。

なお、妊娠中に母親学級に参加する人もいます。
この学級参加については、無料のところもあれば、有料(1000〜2000円くらいが多い)のところもありますね。
時間に余裕がある場合には、参加してみるのも良いかもしれません。

このようにあらためて振り返ると、お腹に赤ちゃんがいる間は、結構お金がかかることが多いのです。
ですから、あらかじめ出産費用として計画的にお金を貯めておくことが大切ですね。

妊娠中の費用を節約する方法とは?

妊娠中にかかる費用をできるだけうまく節約するには、どのような方法を取ることが必要なのかご存じですか。
実は、いろいろな公的援助が用意されているので、該当するものは積極的に活用することで節約することが可能なのです。

各自治体による助成金の額は、それぞれ違います。
ですから、あらかじめ各自治体に問い合わせて確認することが一番ですね。
多くの場合は、各自治体へ母子手帳をもらいに行った時に、妊婦健診受診票として交付されています。

妊娠中にかかる費用は決して少なくありません。
ですから、助成金や出産育児一時金、高額療養費といったものをうまく活用して、節約を心がけたいものです。
節約ができれば、経済的な面をさほど不安に感じることもなく、妊娠中にかかる費用について落ち着いて目を向けられますね。

妊娠中にかかる費用まとめ

妊娠中にかかる費用には、妊婦の検診、出産準備やマタニティ用品、出産に関わること、母親学級に参加すること等が挙げられます。
ですから、合計すると数十万円という大きな出費になるのですね。

妊活サプリ 先輩ママが飲んでいた人気ランキング

1位:オールインワン妊活サプリ マカナ



マカナは、2016年に新発売された最新の妊活サプリで、なんといっても妊活に必要な成分をすべて含んでいるのが大きな特徴です。

さらに、使用しているマカは国産無農薬マカ100%で安心・安全。

葉酸や鉄分、不妊症に良いとされるビタミンEなど妊活に必要な成分がすべて含まれているので、あれもこれもと飲む必要がありません。
飲むサプリを一つに絞りたい方にはこちらのマカナがおすすめです。

マカナを飲んだ私の体験談はこちらです。

2位:ママニック葉酸サプリ



ママニックは吸収率の高いモノグルタミン酸型葉酸を推奨量400μg配合した葉酸サプリです。

葉酸400μgに加え、カルシウム・ミネラル・ビタミン・アミノ酸が29種類と最大限バランスよく配合されています。
放射能検査も行っているので安心!

ママニック葉酸サプリを飲んだ私の体験談はこちらです。



3位:国産マカ100%使用!full-me MIUフルミーマカ



フルミーマカは国産無農薬のマカを100%使った妊活サプリです。
高吸収で飲みやすいソフトカプセルを採用なので、妊娠後も飲みやすいのがいいですね。

フルミーマカを実際に飲んだ私の体験談はこちらです。