妊娠は、若ければ若いほど卵子の質や、子宮の状態が良く、妊娠しやすいとされています。

一方、30代後半から40代になると、卵子の質や妊娠するための体内の機能が衰え、妊娠率が下がるようになります。

また、40代になると、妊娠率が悪いだけでなく、妊娠したとしてもその妊娠状態を維持することができず、流産する確率も高くなっていきます。

40代の妊娠率は?

不妊治療の進歩や、医薬品の開発によって、女性の出産可能年齢は年々向上しています。

また、結婚年齢の晩婚化により、出産する年齢もどんどん高くなり、不妊治療をする人の数も増加の一途をたどっています。

30代の結婚、妊娠、出産は、今や当たり前となり、一昔前の結婚適齢期とは、全く異なる状況になりつつあります。

そして、30代で結婚する人が増加するにつれ、35歳以上のいわゆる高齢出産をする人の数もどんどん増え、40代で出産する人も多くなってきました。

医療の進歩に伴い、40代での妊娠率も、以前よりは高くなっていますが、やはり40代での妊娠、出産の確率は、非常に低いというのが現状です。

一般的に夫婦ともに若いカップルの、一年以内の妊娠率が80%あるのに対して、35歳以上になると妊娠率が50%に落ち、さらに40代前半では30%、40代後半に至っては妊娠率が5%にまで下がります。

40代の妊娠、リスクは?

確かに40代で妊娠する場合もたくさんありますが、実は、40代での妊娠には、リスクが伴う場合が多くなります。

40代の妊娠出産に伴うリスクのうち、最も多いのが、流産です。

40代での妊娠率が低いにもかかわらず、流産率が高くなっていますから、出産まで無事に過ごすことができる確率も低くなります。

また、妊娠高血圧症候群、妊娠糖尿病、胎児の異常や障害など、その他にもさまざまなリスクが伴います。

40代で妊娠率、出産率が低下する背景には、こうした、胎児の染色体異常や障害に伴う流産、母体の妊娠に伴うさまざまな症状があるのです。

40代での妊娠率を向上させるためには、生活習慣からの見直しが必要

40代でも妊娠率を向上させる方法がないというわけではありません。

生活習慣を見直し、体の老化や酸化を予防し、卵子の質や子宮や卵巣の健康を保っていれば、妊娠率も自然に向上するようになります。

妊活サプリ 先輩ママが飲んでいた人気ランキング

1位:オールインワン妊活サプリ マカナ



マカナは、2016年に新発売された最新の妊活サプリで、なんといっても妊活に必要な成分をすべて含んでいるのが大きな特徴です。

さらに、使用しているマカは国産無農薬マカ100%で安心・安全。

葉酸や鉄分、不妊症に良いとされるビタミンEなど妊活に必要な成分がすべて含まれているので、あれもこれもと飲む必要がありません。
飲むサプリを一つに絞りたい方にはこちらのマカナがおすすめです。

マカナを飲んだ私の体験談はこちらです。

2位:ママニック葉酸サプリ



ママニックは吸収率の高いモノグルタミン酸型葉酸を推奨量400μg配合した葉酸サプリです。

葉酸400μgに加え、カルシウム・ミネラル・ビタミン・アミノ酸が29種類と最大限バランスよく配合されています。
放射能検査も行っているので安心!

ママニック葉酸サプリを飲んだ私の体験談はこちらです。



3位:国産マカ100%使用!full-me MIUフルミーマカ



フルミーマカは国産無農薬のマカを100%使った妊活サプリです。
高吸収で飲みやすいソフトカプセルを採用なので、妊娠後も飲みやすいのがいいですね。

フルミーマカを実際に飲んだ私の体験談はこちらです。