不妊治療でもらうことができる助成金や、その申請方法についてご存じですか。
この治療は腰を据えてかかる必要があり、長期間に及ぶこともあるので、そのぶん費用もかかります。

そのため、不妊治療でもらえる公的な援助は助かりますよね。
ですから、申請方法をきちんと理解して、負担せねばならない費用の手助けにしたいものです。
そこで今回は、この助成金と申請方法についてご紹介しましょう。

不妊治療でもらえる助成金について

不妊治療は長期にわたる場合が多く、自己負担せねばならない費用がかさみます。
ですから、助成金をもらうことができるのは助かりますよね。
でも、実際にはどのようなものなのかご存じですか。

不妊治療における助成金とは、厚生労働省が不妊に悩む方への特定治療支援事業として、各都道府県・指定都市・中核市を事業実施主体として行っています。
平成28年4月から新制度になり、対象となる妻の年齢は43歳未満であり、この事業実施主体が指定した医療機関において、730万円の所得制限のもと、1回15万円が支給されるのです。

ただし、初回年齢が40歳未満であれば通算6回の支給ですが、初回が40歳〜43歳未満であれば通算3回の支給になります。
尚、年間助成回数と通算助成期間には限度がありません。

このように、不妊治療における助成金については対象年齢が存在していますので、注意が必要です。
また、初回年齢によって違いもあるので、事前に把握しておくことが大切ですね。
尚、地域によっては、地方自治体の独自で行っている助成金もあるので、あらかじめ確認すると良いでしょう。

不妊治療における助成金の申請方法

不妊治療における助成金をもらうためには、まず、治療を開始して終えた年度内(4〜翌3月)に申請する必要があります。
そのため、年度をまたぐ場合には、事前に役所等に問い合わせることが大切ですね。

次に、必要な書類を揃えますが、役所等・指定医療機関・保健所とあるので間違えないようにします。
役所等では、

以上のものが、不妊治療における助成金の申請に必要です。

尚、これらは国が行っている助成金の申請に関わるものになります。
各地方自治体で独自に行っている不妊治療における助成については、地域ごとで違うため、あらかじめ各役所等に尋ねておきたいですね。

不妊治療助成金まとめ

不妊治療における助成金と申請方法についてご紹介しましたが、いかがですか。
平成28年4月からは新制度のもとで行われるようになるため、変更点がありますから注意したいですね。

特に、対象年齢が43歳未満の妻になることを頭に入れておきましょう。
また、初回の不妊治療を行う妻の年齢によって、 支給の通算回数が変わってしまうので事前に理解しておくことが大切です。

妊活サプリ 先輩ママが飲んでいた人気ランキング

1位:オールインワン妊活サプリ マカナ



マカナは、2016年に新発売された最新の妊活サプリで、なんといっても妊活に必要な成分をすべて含んでいるのが大きな特徴です。

さらに、使用しているマカは国産無農薬マカ100%で安心・安全。

葉酸や鉄分、不妊症に良いとされるビタミンEなど妊活に必要な成分がすべて含まれているので、あれもこれもと飲む必要がありません。
飲むサプリを一つに絞りたい方にはこちらのマカナがおすすめです。

マカナを飲んだ私の体験談はこちらです。

2位:ママニック葉酸サプリ



ママニックは吸収率の高いモノグルタミン酸型葉酸を推奨量400μg配合した葉酸サプリです。

葉酸400μgに加え、カルシウム・ミネラル・ビタミン・アミノ酸が29種類と最大限バランスよく配合されています。
放射能検査も行っているので安心!

ママニック葉酸サプリを飲んだ私の体験談はこちらです。



3位:国産マカ100%使用!full-me MIUフルミーマカ



フルミーマカは国産無農薬のマカを100%使った妊活サプリです。
高吸収で飲みやすいソフトカプセルを採用なので、妊娠後も飲みやすいのがいいですね。

フルミーマカを実際に飲んだ私の体験談はこちらです。