「子宮頸管粘液」という言葉は、あまり聞き慣れないかもしれません。
不妊にも関わる、この子宮頸管粘液の働きや増やす方法をまとめました。

子宮頸管粘液って、どんなもの?

まず、子宮頸管とは膣と子宮腔をつなぐ、子宮の入口の細い場所で、そこを満たすアルカリ性の粘液を「子宮頸管粘液」と呼びます。
排卵に向けて分泌量が増え、排卵が近いタイミングで白っぽいおりもの状のものが見られたら、それがこの粘液です。
ちなみに、通常のおりものは、膣や子宮体部から分泌されるため、別物です。

また、この粘液には、射精された精子が子宮へ入るのを促す働きがあります。
糸を引くような粘度の少ない状態が、精子の活動量を増やすのに最適で、妊娠する確率も高まるのです。

不妊の原因にもなるの?

子宮頸管粘液は、妊娠するうえで重要な役割を担っています。
そのため、もしトラブルがあれば不妊の可能性も高まり、「頸管性不妊」と呼ばれます。
原因としては、以下の通りです。

【感染症や炎症】

子宮頸管に何らかの感染症や炎症が起きると、精子の進入が上手くいかず、頸管粘液の状態を悪化させる要因となります。
その多くは、クラミジアやHPV(ヒトパピローマウイルス感染症)、子宮内膜症などの病気で、知らず知らずのうちに罹っている場合があるため、注意が必要です。

【分泌不全】

子宮頸管粘液が正常に分泌されない、もしくは、卵巣からの分泌指令が子宮頸管に行き届かない際は、精子が子宮へ辿り着けなくなります。

【排卵誘発剤の副作用】

不妊治療のために、クロミッドなどの排卵誘発剤を用いると、副作用で、子宮頸管粘液を増やすのが難しいケースもあります。

【ホルモンバランスの乱れ】

女性ホルモンのエストロゲンが、子宮頸管粘液の分泌量を司っています。
もし、エストロゲンの分泌量が少ないと、子宮頸管粘液も増やすことができず、精子の活動性に影響が及びます。

【抗精子抗体の存在】

子宮頸管粘液に抗精子抗体が存在すると、精子を異物と認識し、精子を死滅させてしまうことがあります。
抗精子抗体は、子宮腔や卵管などにも出現し、精子の運動や受精する力を阻むのです。

子宮頸管粘液を増やす方法は?

子宮頸管粘液の分泌状況は、医療機関の検査で判明します。
検査の際は、合わせて性病の罹患や抗精子抗体についてもチェックします。

万が一、この粘液が少ないという結果になれば、増やすことや改善方法を考えなければなりません。
しかも、原因によって、分泌量を増やすのが良いのか、増やすより別のアプローチが最適なのかが変わります。

【感染症や炎症】

まずは、炎症を起こす原因を取り除くことから始まります。
クラミジアなどの病原菌があるなら、抗生物質を投与し、治療します。

【子宮頸管粘液自体に問題あり】

エストロゲンの直接投薬や貼り薬によって、エストロゲン自体を増やしたり、排卵誘発剤で卵胞を成長させ、エストロゲンとこの粘液の分泌を増やす治療も可能です。

【抗精子抗体がある場合】

抗精子抗体があれば、子宮頸管粘液を増やすことより、人工授精や体外受精で妊娠を目指すケースが多いです。
男性側に不妊の原因がなければ、約30%の割合で妊娠可能というデータもあります。

【食事などから改善を目指す】

エストロゲンによく似た大豆製品を摂取するのが、おすすめです。
また、漢方薬やお灸などの自然療法で、体調を整えることも有効です。

妊活サプリ 先輩ママが飲んでいた人気ランキング

1位:オールインワン妊活サプリ マカナ



マカナは、2016年に新発売された最新の妊活サプリで、なんといっても妊活に必要な成分をすべて含んでいるのが大きな特徴です。

さらに、使用しているマカは国産無農薬マカ100%で安心・安全。

葉酸や鉄分、不妊症に良いとされるビタミンEなど妊活に必要な成分がすべて含まれているので、あれもこれもと飲む必要がありません。
飲むサプリを一つに絞りたい方にはこちらのマカナがおすすめです。

マカナを飲んだ私の体験談はこちらです。

2位:ママニック葉酸サプリ



ママニックは吸収率の高いモノグルタミン酸型葉酸を推奨量400μg配合した葉酸サプリです。

葉酸400μgに加え、カルシウム・ミネラル・ビタミン・アミノ酸が29種類と最大限バランスよく配合されています。
放射能検査も行っているので安心!

ママニック葉酸サプリを飲んだ私の体験談はこちらです。



3位:国産マカ100%使用!full-me MIUフルミーマカ



フルミーマカは国産無農薬のマカを100%使った妊活サプリです。
高吸収で飲みやすいソフトカプセルを採用なので、妊娠後も飲みやすいのがいいですね。

フルミーマカを実際に飲んだ私の体験談はこちらです。