能登半島を抱える石川県。
日本海に突き出た地形は観光に適した石川県。

そんな石川県では、中々子宝に恵まれない不妊の夫婦に対して不妊治療助成金制度を設けています。
不妊治療はなかなか理解されにくいので制度の内容も自治体によって濃さがまちまちです。

しかし石川県の不妊治療助成金制度はとっても画期的なんです!
石川県の不妊治療助成金制度をご紹介したいと思います。

石川県の不妊治療助成金の対象になる治療とは?

国の不妊治療助成金制度基準では、基本的には体外受精、顕微授精のみです。
しかし石川県では、一般的な不妊治療から高度な治療まで総合的に支援する不妊治療助成金制度を設けています。

石川県の不妊治療助成金制度では一般不妊治療と特定不妊治療の2種類があります。
しかも特定不妊治療」の一環として実施した男性不妊治療にも助成をしています。

一般不妊治療への助成タイミング療法、薬物療法、手術療法、人工授精などが不妊治療助成金の対象となります。
特定不妊治療への助成体外受精、顕微授精。

男性不妊治療への不妊治療助成金は精巣内精子生検採取法、精巣上体内精子吸引採取法。

特定不妊治療の一環として行われる男性不妊治療が不妊治療助成金の対象なので、単独では不妊治療助成金を申請できないので気を付けましょう。
これほど県の不妊治療助成金範囲が広いのはあまり類をみません。

石川県が不妊治療助成金制度に力を入れているのがよくわかります。

石川県の不妊治療助成金はどのくらいもらえるの?

さて、石川県の不妊治療助成金の金額ですが、金額については国の基準に沿った無難な形です。
一般不妊治療への不妊治療助成金は5万円を年度上限として支給しています。

ただし、自己負担額の2分の1以内です。
特定不妊治療への不妊治療助成金は1回の治療につき15万円までが上限です。

一部の治療は7万5千円までになるので、特定不妊治療助成金を申請する場合には事前に石川県に相談しておきましょう。
そして男性不妊治療への不妊治療助成金は男性不妊治療に要した費用の2分の1です。

特定不妊治療助成金に上乗せして支給されるものです。
上限15万円になります。

石川県の市町村の不妊治療助成金制度は!

石川県の市町村が独自に定めている不妊治療助成制度は、市町村によって大きな開きがあるのが特色。
独自の助成制度を設けていないところから、年間80万まで助成する市町村まで様々です。

珠洲市は、特定不妊治療・一般不妊治療合せて、県の助成額を除いた自己負担分の8割を、なんと年間80万円を限度に助成しています。
しかも助成期限を設けていないと言う、とても手厚い制度になっています。

石川県の不妊治療助成金制度がとても手厚いので、市町村もそれに倣って手厚いものになっています。
不妊治療をしている夫婦にはとても恵まれた環境といえます。

妊活サプリ 先輩ママが飲んでいた人気ランキング

1位:オールインワン妊活サプリ マカナ



マカナは、2016年に新発売された最新の妊活サプリで、なんといっても妊活に必要な成分をすべて含んでいるのが大きな特徴です。

さらに、使用しているマカは国産無農薬マカ100%で安心・安全。

葉酸や鉄分、不妊症に良いとされるビタミンEなど妊活に必要な成分がすべて含まれているので、あれもこれもと飲む必要がありません。
飲むサプリを一つに絞りたい方にはこちらのマカナがおすすめです。

マカナを飲んだ私の体験談はこちらです。

2位:ママニック葉酸サプリ



ママニックは吸収率の高いモノグルタミン酸型葉酸を推奨量400μg配合した葉酸サプリです。

葉酸400μgに加え、カルシウム・ミネラル・ビタミン・アミノ酸が29種類と最大限バランスよく配合されています。
放射能検査も行っているので安心!

ママニック葉酸サプリを飲んだ私の体験談はこちらです。



3位:国産マカ100%使用!full-me MIUフルミーマカ



フルミーマカは国産無農薬のマカを100%使った妊活サプリです。
高吸収で飲みやすいソフトカプセルを採用なので、妊娠後も飲みやすいのがいいですね。

フルミーマカを実際に飲んだ私の体験談はこちらです。