日本酒や柿の種で有名な新潟県。
新潟県は豪雪地帯でも有名です。

そんな新潟県ですが、なかなか子供がなかなか授からないと悩んでいる夫婦に不妊治療助成金を通して支援しています。
新潟県の不妊治療助成金制度をご紹介したいと思います。

新潟県の不妊治療助成金の対象になる治療とは?

新潟県の不妊治療助成金の対象は体外受精及び顕微授精です。
医療保険が適用にならない不妊治療である体外受精及、顕微授精です。

凍結胚移植も不妊治療助成金の対象なので安心してください!
体外受精は医療保険が適用にならないので、最低でも40万以上はかかります。

体外受精の施術代だけでなく、事前のホルモン療法の注射代など考えれば50万以上は見積もっておいたほうがいいでしょう。
なので、そういう高度な不妊治療に不妊治療助成金が対象なのは助かりますよね。

新潟県の不妊治療助成金を申請できるのは法律上の婚姻をしている夫婦です。
体外受精及、顕微授精以外の治療法によっては、妊娠の見込みがないと医師に診断された人が対象です。

夫又は妻のどちらかがは両方が新潟県内に住んでいればOKです。

新潟県の不妊治療助成金はどのくらいもらえるの?

新潟県の不妊治療助成金額は国の基準とは少し違い所得や治療によって金額が変わります。
夫及び妻の前年の所得の合計額が730万円未満の場合1回の治療につき15万円上限となります。

ただし、採卵を伴わない凍結胚移植などは7万5千円までです。
新しく治療を開始した日から1年の間に治療が終了したものについてはさらに5万円を上乗せして不妊治療助成金が支払われます。

夫及び妻の前年の所得の合計額が730万円以上の場合でも新潟県では不妊治療助成金を支払ってくれます。
1回の治療につき対象経費の2分の1を不妊治療助成金としています。

7万5千円が不妊治療助成金の上限ですが、一部の不妊治療は3万7千500円となります。
新潟県の助成回数はほぼ国の基準どおりです。

40歳未満の方は43歳になるまで通算6回までです。
40歳以上の方は年度2回までです。

平成28年度から43歳以上の方は助成対象ではなくなります。
不妊治療助成金は改正が激しいので、その都度自治体に確認してからのほうがいいでしょう。

新潟県の市町村の不妊治療助成金制度は!

新潟県の市町村の不妊治療助成金制度はまちまちです。
新潟県の不妊治療助成金制度の財政が厳しいことが影響していると思われます。

県の不妊治療助成金は早く申請しないと、予算が足りないことを理由に不妊治療助成金が支給されないこともあるそうです。
長岡市や三条市ではこれまであった不妊治療助成金制度を廃止してしまいました。

不妊治療助成金を申請する予定の方は、申請を先延ばしにしないですぐに申請したほうがいいかもしれませんね!

妊活サプリ 先輩ママが飲んでいた人気ランキング

1位:オールインワン妊活サプリ マカナ



マカナは、2016年に新発売された最新の妊活サプリで、なんといっても妊活に必要な成分をすべて含んでいるのが大きな特徴です。

さらに、使用しているマカは国産無農薬マカ100%で安心・安全。

葉酸や鉄分、不妊症に良いとされるビタミンEなど妊活に必要な成分がすべて含まれているので、あれもこれもと飲む必要がありません。
飲むサプリを一つに絞りたい方にはこちらのマカナがおすすめです。

マカナを飲んだ私の体験談はこちらです。

2位:ママニック葉酸サプリ



ママニックは吸収率の高いモノグルタミン酸型葉酸を推奨量400μg配合した葉酸サプリです。

葉酸400μgに加え、カルシウム・ミネラル・ビタミン・アミノ酸が29種類と最大限バランスよく配合されています。
放射能検査も行っているので安心!

ママニック葉酸サプリを飲んだ私の体験談はこちらです。



3位:国産マカ100%使用!full-me MIUフルミーマカ



フルミーマカは国産無農薬のマカを100%使った妊活サプリです。
高吸収で飲みやすいソフトカプセルを採用なので、妊娠後も飲みやすいのがいいですね。

フルミーマカを実際に飲んだ私の体験談はこちらです。