山口県は本州最西端に位置している県です。
山口県は不妊治療助成金制度にとても力を入れている県でもあります。

次世代育成支援の一環として不妊に悩む方々の不妊治療への経済的な負担の軽減のために不妊治療助成金を助成しています。
山口県の不妊治療助成金制度をご紹介したいと思います。

山口県の不妊治療助成金の対象となる治療とは?

まず国の基準で定めている体外受精・顕微授精を特定不妊治療として不妊治療助成金の対象としています。
しかし、山口県はそればかりではありません。

一般不妊治療費助成制度や人工授精費助成制度などを定めています。
医療保険適用の不妊治療はタイミング法、男女の薬物療法・不妊検査、不妊手術などです。

とても画期的なことです。
医療保険が適用にならない人工授精も不妊治療助成金の対象となっています。

山口県内に住所を有する法律上の夫婦なら、不妊治療助成金を申請することができます。
ただし、所得要件があります。

夫婦の前年の所得額の合計が730万円未満であることが必要です。
特定不妊治療以外の治療法によっては妊娠の見込みがないと医師に診断されたいる夫婦が対象です。

山口県の不妊治療助成金はどのくらいもらえるの?

そんな山口県の不妊治療助成金制度ですが、金額もそれぞれの治療の内容によって差異があります。
山口県の特定不妊治療費助成制度については、治療1回につき上限15万円となっています。

凍結胚移植などの一部の特定不妊治療については7万5千円です。
一般不妊治療費助成金は1年度あたり3万円以内となります。

人工授精費助成金は1年度あたり3万円以内。
山口県では平成28年4月1日から不妊治療助成金の通算回数や年齢要件が改正されるので注意が必要です。。

不妊治療助成金を受ける際の治療開始時の妻の年齢が39歳までは通算6回までです。
40歳〜42歳は通算3回まで。

43歳以上は不妊治療助成金対象外になります。

山口県では男性不妊治療費に対する助成もはじめた!

平成27年度からは山口県では不妊治療助成金の対象範囲を男性不妊にも広げました。
男性不妊治療の不妊治療助成金について治療1回につき上限10万円を助成してくれます。

体外受精・顕微授精の一環として行われる男性不妊治療が対象です。
特定不妊治療費助成金と併せて申請した場合に助成を行います。

山口県では幅広く不妊治療助成金制度を設けています。

妊活サプリ 先輩ママが飲んでいた人気ランキング

1位:オールインワン妊活サプリ マカナ



マカナは、2016年に新発売された最新の妊活サプリで、なんといっても妊活に必要な成分をすべて含んでいるのが大きな特徴です。

さらに、使用しているマカは国産無農薬マカ100%で安心・安全。

葉酸や鉄分、不妊症に良いとされるビタミンEなど妊活に必要な成分がすべて含まれているので、あれもこれもと飲む必要がありません。
飲むサプリを一つに絞りたい方にはこちらのマカナがおすすめです。

マカナを飲んだ私の体験談はこちらです。

2位:ママニック葉酸サプリ



ママニックは吸収率の高いモノグルタミン酸型葉酸を推奨量400μg配合した葉酸サプリです。

葉酸400μgに加え、カルシウム・ミネラル・ビタミン・アミノ酸が29種類と最大限バランスよく配合されています。
放射能検査も行っているので安心!

ママニック葉酸サプリを飲んだ私の体験談はこちらです。



3位:国産マカ100%使用!full-me MIUフルミーマカ



フルミーマカは国産無農薬のマカを100%使った妊活サプリです。
高吸収で飲みやすいソフトカプセルを採用なので、妊娠後も飲みやすいのがいいですね。

フルミーマカを実際に飲んだ私の体験談はこちらです。