琵琶湖で有名な滋賀県。
滋賀県は広大な面積を有することでも知られています。

そんな滋賀県ですが、子どもが欲しいと望んでいるにもかかわらず子どもに恵まれない夫婦に不妊治療助成金を助成しています。
不妊治療は昨今、メディアでも取り上げられ、話題を呼んでいます。

不妊治療を受ける夫婦は年々増加しています。
滋賀県はそんな夫婦に支援を行っているんです。

滋賀県の不妊治療助成金制度についてご紹介したいと思います。

滋賀県の不妊治療助成金の対象となる治療とは?

不妊治療のうち体外受精および顕微授精は1回の治療費が高額であり、その経済的負担はかなり大きいものです。
かといって体外受精および顕微授精しても必ず妊娠できるというものではありません。

なので何回も体外受精および顕微授精を受けようとすると、生活が成り立たなくなる可能性もあります。
そのため国では体外受精および顕微授精に対して不妊治療助成金をするように自治体に支援を行っています。

滋賀県も例外なく、国の基準どおり体外受精および顕微授精を不妊治療助成金の対象としています。
体外受精および顕微授精以外の治療法によっては妊娠の見込みがないかまたは極めて少ないと医師に診断されている夫婦が対象です。

滋賀県内に住んでいる法律上の婚姻をしている夫婦であることが条件です。
夫婦以外の第三者からの精子・卵子・胚の提供は不妊治療助成金の対象外です。

代理母、借り腹もだめです。
不妊治療助成金を利用する場合には、治療の内容が不妊治療助成金に該当するかどうか確認してから申請するのが無難です。

滋賀県の不妊治療助成金はどのくらいもらえるの?

滋賀県の不妊治療助成金額は国の基準どおりのもので、自治体の独自性はあまり見られません。
不妊治療助成金額は原則、1回の治療につき15万円上限として助成されます。

体調不良等により移植のめどが立たず治療終了しても15万円もらえることがあります。
ただし以前に凍結した胚による胚移植を実施した場合などは 7.5万円上限となります。

初めて助成を受ける際の妻の年齢が39歳以下の場合、妻の年齢が43歳になるまでに通算6回まで不妊治療助成金が受けられます。
年度あたりの回数制限はありません。

40歳から42歳までが43歳になるまでに通算3回までです。
43歳以上にいたっては不妊治療助成金の助成対象外になります。

滋賀県は男性不妊についても助成をはじめた!

各自治体では国の基準以外に独自で上乗せという形で不妊治療助成金制度を行っているところがあります。
滋賀県の場合には、男性不妊を対象に不妊治療助成金の対象範囲を広げています。

平成27年4月1日以降に男性の治療として行う精巣または精巣上体からの精子採取の手術が不妊治療助成金の対象となりました。
あくまで体外受精および顕微授精を行うに際して付随して行われることが不妊治療助成金をうける条件です。

その場合、滋賀県では5万円を上限として不妊治療助成金を増額します。
男性の年齢制限はありませんが、1年度につき1回を限度とします。

男性の治療のみでの助成はありません。
不妊治療助成金制度は改正が著しいので、不妊治療を検討している場合には市町村窓口で制度を確認してからのほうがいいでしょう。

妊活サプリ 先輩ママが飲んでいた人気ランキング

1位:オールインワン妊活サプリ マカナ



マカナは、2016年に新発売された最新の妊活サプリで、なんといっても妊活に必要な成分をすべて含んでいるのが大きな特徴です。

さらに、使用しているマカは国産無農薬マカ100%で安心・安全。

葉酸や鉄分、不妊症に良いとされるビタミンEなど妊活に必要な成分がすべて含まれているので、あれもこれもと飲む必要がありません。
飲むサプリを一つに絞りたい方にはこちらのマカナがおすすめです。

マカナを飲んだ私の体験談はこちらです。

2位:ママニック葉酸サプリ



ママニックは吸収率の高いモノグルタミン酸型葉酸を推奨量400μg配合した葉酸サプリです。

葉酸400μgに加え、カルシウム・ミネラル・ビタミン・アミノ酸が29種類と最大限バランスよく配合されています。
放射能検査も行っているので安心!

ママニック葉酸サプリを飲んだ私の体験談はこちらです。



3位:国産マカ100%使用!full-me MIUフルミーマカ



フルミーマカは国産無農薬のマカを100%使った妊活サプリです。
高吸収で飲みやすいソフトカプセルを採用なので、妊娠後も飲みやすいのがいいですね。

フルミーマカを実際に飲んだ私の体験談はこちらです。