奈良県では歴史的にも有名な自治体です。
東大寺もあり、観光で訪れた人も多いでしょう。

そんな奈良県ですが、子供がなかなか授からないと悩んでいる夫婦に支援を行っています。
不妊治療のうち特定不妊治療を受けられた方を対象に不妊治療助成金制度を定めています。

その経済的負担の軽減を図るため、治療費の一部として不妊治療助成金を助成しています。
奈良県の不妊治療助成金制度をご紹介したいと思います。

奈良県の不妊治療助成金の対象となる治療とは?

不妊治療助成金制度は国の基準が土台を定めて、あとは都道府県が独自に運営するものです。
奈良県の不妊治療助成金の治療の対象は国の基準どおりの体外受精及び顕微授精を対象としています。

奈良県が実施している特定治療支援事業は国が定めた制度をそのまま実施しているので最低限度のものです。
特に奈良県独自の上乗せなどはありません。

そのため、人工授精などの一般不妊治療は不妊治療助成金の対象にはなりません。
夫婦以外の第三者からの精子・卵子・胚の提供による不妊治療は不妊治療助成金の対象外です。

代理母や借り腹も不妊治療助成金の対象外なので注意が必要です。

奈良県内に住所がある法律的な夫婦であることが条件です。
夫及び妻の前年の所得の合計額が730万円未満であることも必要です。  

奈良県の不妊治療助成金はどのくらいもらえるの?

奈良県の不妊治療助成金額は国の基準と同じなので治療1回につき不妊治療助成金の上限15万円が支給されます。
採卵を伴わない凍結胚移植など一部の不妊治療は助成上限額が7万5千円になります。

治療の内容によっては不妊治療助成金が支給されないこともありますので、事前に確認しておいたほうがいいでしょう。

奈良県は独自の不妊治療助成金制度がある市町村が少ない

全国でみれば県の助成事業とは別に、独自の不妊治療への助成事業を行っている市町村が多いのです。
奈良県にはこういった市町村が極めて少ないのが特徴です。

自治体によっては、ホームページで県の助成金の紹介すらしていないところも多いのであまり不妊治療助成金に力を入れていないのが現状です。
とても不妊治療への理解が進んでいるとは言い難いのが実情です。

そんな中でも目を引くのは、斑鳩町の取り組みです。
一般不妊治療に対して、年5万円を限度に5年間まで助成する制度のほかに、不育症の治療に対しても助成制度を設けています。

まだまだ全国的に見れば周知されていない不育症の問題にまで取り組んでいます。
ちなみに、不育症と言うのは、妊娠はできるけれども、何らかの原因で出産にまで至らないケースを言います。

この不育症に対して、年間10万を限度に、自己負担額の1/2を助成してるわけです。
不育症で悩んでいる女性ってあまり話題になりませんが、結構います。

私の友人の中でもやっと妊娠できた報告のなかに長年不育症で悩んでいたと告白してくる人も多いです。
不育症に対する支援をしている自治体は少ないのでとても画期的でしょう。

妊活サプリ 先輩ママが飲んでいた人気ランキング

1位:オールインワン妊活サプリ マカナ



マカナは、2016年に新発売された最新の妊活サプリで、なんといっても妊活に必要な成分をすべて含んでいるのが大きな特徴です。

さらに、使用しているマカは国産無農薬マカ100%で安心・安全。

葉酸や鉄分、不妊症に良いとされるビタミンEなど妊活に必要な成分がすべて含まれているので、あれもこれもと飲む必要がありません。
飲むサプリを一つに絞りたい方にはこちらのマカナがおすすめです。

マカナを飲んだ私の体験談はこちらです。

2位:ママニック葉酸サプリ



ママニックは吸収率の高いモノグルタミン酸型葉酸を推奨量400μg配合した葉酸サプリです。

葉酸400μgに加え、カルシウム・ミネラル・ビタミン・アミノ酸が29種類と最大限バランスよく配合されています。
放射能検査も行っているので安心!

ママニック葉酸サプリを飲んだ私の体験談はこちらです。



3位:国産マカ100%使用!full-me MIUフルミーマカ



フルミーマカは国産無農薬のマカを100%使った妊活サプリです。
高吸収で飲みやすいソフトカプセルを採用なので、妊娠後も飲みやすいのがいいですね。

フルミーマカを実際に飲んだ私の体験談はこちらです。