妊娠するためには、精子と卵子が出会う必要があります。

しかし、精子と卵子の受精可能時間、つまり生存期間は異なり、この受精可能時間を経過してしまうと、受精して妊娠することはできません。

精子と卵子の受精可能時間をしっかりと把握することは、より妊娠しやすくするための必要不可欠な知識となります。

精子と卵子の受精可能時間、いったいどれくらいの違いがあるのでしょうか。

精子の寿命

精子の受精可能時間、つまり子宮内に放出された精子の寿命は、いったいどれくらいなのでしょうか。

精子は、一般的には、3〜5日間、受精可能時間があるといわれています。

最長では、7日間生きていたという研究結果もありますが、受精能力を考慮すると、やはり3日くらいのうちに卵子と出会い受精するという確率が最も高くなります。

新鮮な精子ほど、卵子と出会ったときに受精しやすく、日が経過するにつれて受精能力が落ちてきます。

卵子と出会い、より受精能力に効力を発揮させるためには、3日におきに関係を持つ事が妊娠につながりやすくなるといえるでしょう。

卵子の寿命

では、卵子の受精可能時間は、いったいどれくらいなのでしょうか。

実は精子と違い、卵子は非常に受精可能時間が限られています。卵子の寿命を理解していれば、より妊娠しやすくなる方法を理解できるといえるでしょう。

妊娠を望むのであれば、卵子が卵巣から放出されてから24時間以内に精子と出会わなければなりません。

卵子の寿命は、およそ24時間とされており、それよりも長く生きていたとしても、受精して妊娠には至らないことがほとんどです。

非常に短い卵子の受精可能時間内に、より新鮮な精子と出会うこと、そして受精を完了させることができなければ、妊娠できないということになります。

そのためには、つねに精子が子宮や卵管内で、卵子を待ち構えているという状態が、妊娠するためには理想的な状態だといえるでしょう。

妊娠するためには、卵子が放出される排卵日を把握することが大切

このように、卵子と精子の受精可能時間は大きく異なるため、妊娠するためには、ある程度排卵日を予測し、卵子が放出される日を知ることが大切です。

妊活サプリ 先輩ママが飲んでいた人気ランキング

1位:オールインワン妊活サプリ マカナ



マカナは、2016年に新発売された最新の妊活サプリで、なんといっても妊活に必要な成分をすべて含んでいるのが大きな特徴です。

さらに、使用しているマカは国産無農薬マカ100%で安心・安全。

葉酸や鉄分、不妊症に良いとされるビタミンEなど妊活に必要な成分がすべて含まれているので、あれもこれもと飲む必要がありません。
飲むサプリを一つに絞りたい方にはこちらのマカナがおすすめです。

マカナを飲んだ私の体験談はこちらです。

2位:ママニック葉酸サプリ



ママニックは吸収率の高いモノグルタミン酸型葉酸を推奨量400μg配合した葉酸サプリです。

葉酸400μgに加え、カルシウム・ミネラル・ビタミン・アミノ酸が29種類と最大限バランスよく配合されています。
放射能検査も行っているので安心!

ママニック葉酸サプリを飲んだ私の体験談はこちらです。



3位:国産マカ100%使用!full-me MIUフルミーマカ



フルミーマカは国産無農薬のマカを100%使った妊活サプリです。
高吸収で飲みやすいソフトカプセルを採用なので、妊娠後も飲みやすいのがいいですね。

フルミーマカを実際に飲んだ私の体験談はこちらです。