不妊に悩む人の気持ちにこたえるかのように、科学技術の進歩に伴って、不妊に対する治療の技術の進歩も目覚ましいものがあります。

今までは生命の神秘などといわれていた、精子と卵子の受精の仕組み、その先の細胞分裂、着床までをもコントロールできるようになってきました。

そしてさらに、昨今の技術を用いれば、一旦精子と卵子を体外へと摂りだして受精させ、その受精卵をいろいろな方法で妊娠へとつなげることができるようになっています。

さて、このような進化を遂げている不妊治療の中において、凍結胚移植という方法があります。

この凍結胚移植とはどのような方法なのか、そして受精卵のグレードやそのグレードによって変わる着床率などをご紹介します。

そもそも凍結胚移植とはどのような方法?

本来、妊娠するためには、卵子と精子が受精して受精卵となり、卵管内で細胞分裂をくり返しながら子宮へと向かっていきます。

この細胞分裂の段階としてはどのようなステップをふんで進むかというと、初期分割胚、桑実胚、胚盤胞という段階を進んでいきます。

この細胞分裂の過程の中で、胚盤胞という状態になると、子宮内への着床が可能となり、この状態まで分裂できないと着床すること、つまり妊娠することはできません。

凍結胚移植は、この着床可能な胚盤胞という状態になるまで、体外で培養して、胚盤胞という状態になってから子宮に戻すことによって、妊娠率を向上することができます。

胚盤胞のグレードとはどのようなもの?

体外での培養をどの程度まで行うかによって、胚盤胞にはそれぞれグレードという形で分類しています。

グレードは1から6までにわかれていて、グレードの数字が上がるほど、完全な胚盤胞に近くなり、グレード6においては、中の細胞が出現していてすぐに着床できる状態にあるものとなります。

また、さらに細かくA、B、Cというグレードをさらに細分化した3段階評価にわかれています。

少しでも高いグレードの胚盤胞を作るには、良質の精子と卵子が必要

凍結胚移植に用いるグレードの高い胚盤胞を産みだすためには、良質の精子と卵子を必要とすることは言うまでもありません。

妊活サプリ 先輩ママが飲んでいた人気ランキング

1位:オールインワン妊活サプリ マカナ



マカナは、2016年に新発売された最新の妊活サプリで、なんといっても妊活に必要な成分をすべて含んでいるのが大きな特徴です。

さらに、使用しているマカは国産無農薬マカ100%で安心・安全。

葉酸や鉄分、不妊症に良いとされるビタミンEなど妊活に必要な成分がすべて含まれているので、あれもこれもと飲む必要がありません。
飲むサプリを一つに絞りたい方にはこちらのマカナがおすすめです。

マカナを飲んだ私の体験談はこちらです。

2位:ママニック葉酸サプリ



ママニックは吸収率の高いモノグルタミン酸型葉酸を推奨量400μg配合した葉酸サプリです。

葉酸400μgに加え、カルシウム・ミネラル・ビタミン・アミノ酸が29種類と最大限バランスよく配合されています。
放射能検査も行っているので安心!

ママニック葉酸サプリを飲んだ私の体験談はこちらです。



3位:国産マカ100%使用!full-me MIUフルミーマカ



フルミーマカは国産無農薬のマカを100%使った妊活サプリです。
高吸収で飲みやすいソフトカプセルを採用なので、妊娠後も飲みやすいのがいいですね。

フルミーマカを実際に飲んだ私の体験談はこちらです。