子どもが欲しいと望んでいるにもかかわらず、子供に恵まれず不妊治療を受けている夫婦は多いと思います。
不妊治療は、身体的・精神的負担はもとより、経済的負担もとても大きいものです。

そういう意味でも不妊治療助成金は不妊治療を受けるにあたってとても重要な支援だと思います。
ただ、不妊治療助成金といっても誰しも一律に受けられるものではありません。

県によって不妊治療助成金が違うって知っていますか?
不妊治療助成金の大元は国お金ですが、その運営は各自治体に任されています。

今回、岐阜県の不妊治療助成金についてご紹介したいと思います。

岐阜県の不妊治療助成金の対象となる治療とは?

岐阜県の場合、岐阜県の不妊治療助成金の対象となる治療には注意が必要です。
不妊治療といっても、治療の内容はタイミング療法、人工授精、体外受精といろいろあります。

しかし、岐阜県の場合不妊治療助成金の対象となる治療は体外受精と顕微授精です。
しかも今話題の代理母や借り腹、卵子提供は岐阜県の不妊治療助成金の対象とはなりません。

高度な不妊治療を受けようと考えている岐阜県の夫婦には少しショックかもしれません。
ちなみに岐阜市では平成27年4月診療分から新たに人工授精の治療費を助成はじめました。

岐阜県の不妊治療助成金はどのくらいもらえるの?

不妊治療助成金額は一回の治療にあたり、治療ステージに対してA〜Eは15万円、CとFは7.5万円支給されます。
基本的に体外受精の過程のなかで採卵までいけば、なんらかの不妊治療助成金の対象となります。

ただし、岐阜県では文書料、入院費、病衣代及び凍結胚等の保存料は不妊治療助成金対象外となります。
助成回数も制限があります。

1年度(4月1日から3月31日)に2回まで、通算5年間助成します。
助成を受けなかった年度は通算しません。

ただし、通算で10回を超えることはできません。
治療開始日における妻の年齢が、40歳未満の方通算6回まで不妊治療助成金支給されます。

40歳以上の方1年度目3回、2年度目2回までとなります。
平成28年4月1日からは43歳以上は不妊治療助成金対象外となります。

国会では40歳以上の不妊治療に対して厳しい対応が議論されています。
岐阜県ではとりあえず43歳以上の場合、不妊治療の経済的負担は厳しいものになるでしょう。

不妊治療は助成金だけでは賄えない!

不妊治療助成金で不妊治療の金額すべてをまかなうことはできません。
わたしも体外受精をしたことがありますが、1回50万ぐらいかかりました。

それでも不妊治療助成金をもらえるのともらえないのでは大きく負担がことなります。
岐阜県の不妊治療助成金に大きな特徴は、今年から43歳以上は対象外になることでしょうか。

妊活サプリ 先輩ママが飲んでいた人気ランキング

1位:オールインワン妊活サプリ マカナ



マカナは、2016年に新発売された最新の妊活サプリで、なんといっても妊活に必要な成分をすべて含んでいるのが大きな特徴です。

さらに、使用しているマカは国産無農薬マカ100%で安心・安全。

葉酸や鉄分、不妊症に良いとされるビタミンEなど妊活に必要な成分がすべて含まれているので、あれもこれもと飲む必要がありません。
飲むサプリを一つに絞りたい方にはこちらのマカナがおすすめです。

マカナを飲んだ私の体験談はこちらです。

2位:ママニック葉酸サプリ



ママニックは吸収率の高いモノグルタミン酸型葉酸を推奨量400μg配合した葉酸サプリです。

葉酸400μgに加え、カルシウム・ミネラル・ビタミン・アミノ酸が29種類と最大限バランスよく配合されています。
放射能検査も行っているので安心!

ママニック葉酸サプリを飲んだ私の体験談はこちらです。



3位:国産マカ100%使用!full-me MIUフルミーマカ



フルミーマカは国産無農薬のマカを100%使った妊活サプリです。
高吸収で飲みやすいソフトカプセルを採用なので、妊娠後も飲みやすいのがいいですね。

フルミーマカを実際に飲んだ私の体験談はこちらです。