九州といえば、もっと栄えているのが福岡県ですよね。
その分、人口も多く、いろいろな夫婦もいます。

特に赤ちゃんがほしいけど授からないと悩んでいる夫婦も多いと思います。
不妊治療は今は決して珍しい治療ではありませんが、保険適用外なので経済的負担も大きいのが難点です。

そのため、福岡県では国の基準に準じて不妊治療助成金を設けています。
ここでは福岡県の不妊治療助成金についてご紹介したいと思います。

福岡県の不妊治療助成金の対象となる治療とは?

福岡県で受けられる不妊治療費助成金は保険適応外の体外受精、顕微授精に支払った医療費が対象です。
残念なことに、凍結保存料は対象とはなりません。

なので、体外受精にかかる検査等の費用は福岡県の不妊治療助成金の対象とはならず、自腹ということになります。
また採卵に至らない場合は対象とはなりません。

ただし、福岡県の場合は凍結卵や胚を使用した治療も不妊治療助成金の対象となります。

福岡県の不妊治療助成金はどのくらいもらえるの?

基本的に福岡県の不妊治療助成金は1回の治療につき上限額15万円です。
体外受精、顕微授精をする場合、基本的には40万から50万は費用としてかかるので、一部戻ってくるという形です。

ただし、例外があります。
以前に凍結した胚を解凍して胚移植を実施した治療や採卵したが卵が得られないもしくは状態の良い卵が得られないため中止した治療については上限額7万5千円となります。

回数にも上限はあります。
1年度目は3回まで、2年度目以降は年2回を限度に通算5年度助成するされますが最大通算10回です。

ただ、うれしいことに平成26年度以降に、初めて助成を受ける際の治療開始時の妻の年齢が40歳未満の場合、年間助成回数と通算助成期間の限度は廃止されることになりました。
通算助成回数は6回までとなります。

しかも年度は連続する必要はありません。
年度の間隔があいても大丈夫です。

助成回数及び年度は、他の自治体で受けた助成も通算されます。
ただし、平成28年4月1日から福岡県の不妊治療助成金の範囲が若干変更されるので、要注意です。

一番大きいのは妻の年齢が43歳以上の場合は助成対象外となります。
通算助成回数は、初めて助成を受ける際の治療開始時の妻の年齢が40歳未満の場合は6回まで。

40歳以上43歳未満の場合は、通算3回までです。

不妊治療助成金は福岡県内の市町村ごとに助成がある!

福岡県内の市町村の一部では単独で行っている不妊治療助成金があります。
県の不妊治療助成金の上乗せ分と考えても良いと思います。

現在、福岡県内で不妊治療に対する助成金制度がある市町村は7つです。
不妊治療助成金の対象はほとんどが体外受精・顕微授精についての助成金です。

妊活サプリ 先輩ママが飲んでいた人気ランキング

1位:オールインワン妊活サプリ マカナ



マカナは、2016年に新発売された最新の妊活サプリで、なんといっても妊活に必要な成分をすべて含んでいるのが大きな特徴です。

さらに、使用しているマカは国産無農薬マカ100%で安心・安全。

葉酸や鉄分、不妊症に良いとされるビタミンEなど妊活に必要な成分がすべて含まれているので、あれもこれもと飲む必要がありません。
飲むサプリを一つに絞りたい方にはこちらのマカナがおすすめです。

マカナを飲んだ私の体験談はこちらです。

2位:ママニック葉酸サプリ



ママニックは吸収率の高いモノグルタミン酸型葉酸を推奨量400μg配合した葉酸サプリです。

葉酸400μgに加え、カルシウム・ミネラル・ビタミン・アミノ酸が29種類と最大限バランスよく配合されています。
放射能検査も行っているので安心!

ママニック葉酸サプリを飲んだ私の体験談はこちらです。



3位:国産マカ100%使用!full-me MIUフルミーマカ



フルミーマカは国産無農薬のマカを100%使った妊活サプリです。
高吸収で飲みやすいソフトカプセルを採用なので、妊娠後も飲みやすいのがいいですね。

フルミーマカを実際に飲んだ私の体験談はこちらです。