年齢とともに低下する妊娠率、35歳というボーダーラインを越えると、妊娠する確率も大幅に落ちてくるといわれています。

35歳以上で妊娠する確率を、すこしでも向上させるために、いったいどのようなことをしたらよいのでしょうか。

35歳以上は高齢出産の範囲、より妊娠確率を上げるために

妊娠する確率は、現在35歳を期にその確率が減少していくとされ、35歳以上の妊娠出産は、高齢出産という範囲になります。

不妊治療の分野においても、35歳以上の人が多くなるというのは、やはりこの年齢くらいを境にして、妊娠しにくくなるという現状を表しています。

35歳以上になっても、妊娠する確率を向上させるためには、体自体の新陳代謝や内分泌、卵子の質などを向上しておく必要があります。

体の新陳代謝を上げることによって、冷えやむくみといった不妊の原因を予防することができますし、ホルモンの分泌などをしっかりとでき、バランスも整えておくことで、より健やかな妊娠ができるようになります。

また、コラーゲンやミトコンドリアなど、昨今注目されている卵子に良い成分を摂取したり実行することで、卵子の質をアップさせ、妊娠する確率をさらに向上させるようにすると良いでしょう。

35歳以上でも妊娠するためにすること

35歳以上で、妊娠する確率を上げるためにしておきたい事は、まず、体の代謝機能の向上です。

冷えやむくみを予防するために、食生活、運動など、今まで以上に気をつけて生活する必要があるといえるでしょう。

体を温める食べ物を意識して食べたり、定期的に運動をして、体の機能アップをすると良いでしょう。

さらに、生活習慣を今一度見直してみると、改善する点などが見つかり、より妊娠率を向上させることができるかもしれません。

例えば、良質な睡眠と、睡眠時間の確保があります。

良質で、しっかりとした睡眠時間を取ることで、成長ホルモンの分泌が促され、体の機能アップが期待できます。

細胞の再生や修復にも、成長ホルモンが深くかかわっていますから、35歳以上の妊娠には、よい睡眠が必要不可欠だといえるでしょう。

さらに、ストレスもホルモンバランスをくずしてしまう大きな要因となります。

生活の中で、うまくストレスを発散し、ストレスが過剰にかからないような生活を心がける事も大切です。

妊娠には、2種類のたいせつなホルモンのバランスが大変重要になります。

35歳以上になると、このホルモンバランスを崩しがちになるため、日々の生活をどのようにするかがとても大切になるのです。

昨今、不妊治療などの進歩により、35歳以上であっても、より高い確率で妊娠できるようになっています。

妊活サプリ 先輩ママが飲んでいた人気ランキング

1位:オールインワン妊活サプリ マカナ



マカナは、2016年に新発売された最新の妊活サプリで、なんといっても妊活に必要な成分をすべて含んでいるのが大きな特徴です。

さらに、使用しているマカは国産無農薬マカ100%で安心・安全。

葉酸や鉄分、不妊症に良いとされるビタミンEなど妊活に必要な成分がすべて含まれているので、あれもこれもと飲む必要がありません。
飲むサプリを一つに絞りたい方にはこちらのマカナがおすすめです。

マカナを飲んだ私の体験談はこちらです。

2位:ママニック葉酸サプリ



ママニックは吸収率の高いモノグルタミン酸型葉酸を推奨量400μg配合した葉酸サプリです。

葉酸400μgに加え、カルシウム・ミネラル・ビタミン・アミノ酸が29種類と最大限バランスよく配合されています。
放射能検査も行っているので安心!

ママニック葉酸サプリを飲んだ私の体験談はこちらです。



3位:国産マカ100%使用!full-me MIUフルミーマカ



フルミーマカは国産無農薬のマカを100%使った妊活サプリです。
高吸収で飲みやすいソフトカプセルを採用なので、妊娠後も飲みやすいのがいいですね。

フルミーマカを実際に飲んだ私の体験談はこちらです。