冷えと妊娠力って、実は深い関係があるってご存知でしたか?
身体が冷えてしまうと、妊娠力は低下してしまうのです。そのため、冷え取りで妊娠力をアップさせましょう!

冷えるとどうなるの?

まず、身体が冷えると全身の血管が収縮し、血行が悪くなってしまいます。
そうすると、全身に栄養が行き届かなくなる、老廃物を排泄しにくくなるなど、新陳代謝が低下してしまいます。
また、血液自体の温度が下がり、熱生産の効率が悪くなります。

子宮や卵巣は、赤ちゃんや卵子を育てる大切な場所なので、通常は血液がたくさん流れ込み、温かく保たれている場所です。しかし身体が冷えることで、血液や栄養が十分に運ばれにくくなってしまいます。

そうすると、卵巣が冷えてしまって質の良い卵子が育たない、子宮が冷えてしまって着床しにくくなる、など妊娠力の低下につながるのです。

冷え取りのコツ

では、妊娠力アップのために冷え取りを実施するには、どうするのが良いでしょうか。
まずは「身体を冷やさない」ということは大前提ですが、それに加えて適度な運動や、身体を温める食事を取り入れる、などが効果的です。

また、冷えとりグッズとして以下のようなものも売られていますよ。

冷えとり靴下

絹でできたハイソックスで、一つ一つの靴下はとても薄くできています。
4重くらいに重ねてはくことで、足元から温め冷えとりします。

冷え取り運動

冷え取りには、大きな筋肉を動かすことが重要になります。
大きな筋肉を動かすことは、自律神経の働きを良くし、熱生産を高めます。
それにより新陳代謝も高まり、全身への血液循環も改善することにつながります。

内臓、特に子宮や卵巣の血流量を改善させるためには、全身運動が必要です。
全身の大きな筋肉を使って運動することで、子宮や卵巣の血行も改善し、妊娠力アップにつながります。

具体的には、ジョギングや自転車など、有酸素運動を取り入れられるのが理想的ですが、ストレッチや筋肉をもみほぐすマッサージなども効果的なので、ぜひ空いた時間に冷え取りを実践しましょう。

体を温める食事

もう一つ、冷え取りに欠かせないのは日々の食事です。冷たい食事や偏った食事をとり続けていると、熱生産や新陳代謝は低下してしまいます。

身体を温めるには、温かい食事や身体を温める食事が大切です。体を温める食事は、具体的にはねぎやしょうが、トウガラシなどの「スパイス類」、かぼちゃやにんじん、大根など「寒い土地で育った野菜」、じゃがいもやごぼう、れんこんなどの「根菜類」、鶏肉、卵、チーズなど「動物性食品」、そしてみそ、しょうゆ、漬物など「塩気の多い食品」などが挙げられます。

妊活サプリ 先輩ママが飲んでいた人気ランキング

1位:オールインワン妊活サプリ マカナ



マカナは、2016年に新発売された最新の妊活サプリで、なんといっても妊活に必要な成分をすべて含んでいるのが大きな特徴です。

さらに、使用しているマカは国産無農薬マカ100%で安心・安全。

葉酸や鉄分、不妊症に良いとされるビタミンEなど妊活に必要な成分がすべて含まれているので、あれもこれもと飲む必要がありません。
飲むサプリを一つに絞りたい方にはこちらのマカナがおすすめです。

マカナを飲んだ私の体験談はこちらです。

2位:ママニック葉酸サプリ



ママニックは吸収率の高いモノグルタミン酸型葉酸を推奨量400μg配合した葉酸サプリです。

葉酸400μgに加え、カルシウム・ミネラル・ビタミン・アミノ酸が29種類と最大限バランスよく配合されています。
放射能検査も行っているので安心!

ママニック葉酸サプリを飲んだ私の体験談はこちらです。



3位:国産マカ100%使用!full-me MIUフルミーマカ



フルミーマカは国産無農薬のマカを100%使った妊活サプリです。
高吸収で飲みやすいソフトカプセルを採用なので、妊娠後も飲みやすいのがいいですね。

フルミーマカを実際に飲んだ私の体験談はこちらです。