最近、第3者からの卵子提供による不妊治療で成功したという記事がありました。
不妊治療で何年も費やしても子供が授かれなかった夫婦には嬉しいニュースですよね?

不妊治療で行き詰っている夫婦にとっても関心の高い話題です。
ちょっと前までは日本では卵子提供という方法はタブー視されていました。

しかし、医学の進歩で卵子提供による不妊治療も可能な時代になったのです。

卵子提供による不妊治療とは?

第三者からの卵子提供は簡単に受けられるものではありません。
妊娠できる唯一の方法だと考えられる場合にのみ可能な不妊治療です。

具体手には早発閉経や卵巣摘出により卵子が作れなくなった、体外受精を何度しても結果が出ないなどが挙げられます。
ただし、治療には倫理委員会などによる認可が必要です。

提供者は原則的に匿名です。
現状では匿名での提供者が見つかることは難しく、親族や友人といった身内からの提供も行われています。

基本的な治療の流れは、提供者から採卵し、被提供者の夫の精子と体外受精させて、被提供者へ受精卵を移植するという段取りになります。
法律的にはいろいろ今、議論されていますが、卵子提供による不妊治療は技術的には可能です。

卵子提供とはどのような流れで進んでいくのでしょうか?

日本で卵子提供による不妊治療を受ける場合には、JISARTという機関で不妊治療を受ける必要があります。
JISARTというのは正式名称は日本生殖補助医療標準化機関です。

JISARTは不妊治療を専門とするクリニックによって結成された団体です。
JISARTの卵子提供ガイドラインの適応となれば、そこで認められた卵子提供実施施設にて卵子提供による不妊治療を受けることができます。

ただ、難しいのは卵子提供者は自分で見つける必要があるという点です。
例えば母親や姉などの親類を頼らざる得ないという欠点があります。

まったくの第3者でもJISARTのドナー条件に適用すれば卵子提供はOKです。
無償による卵子提供でなければいけません。

ドナーが見つかり、JISARTの認可がおりれば、あとは通常の不妊治療の流れと同じように進んでいきます。
費用は1回に90万から100万かかるといわれています。

不妊治療で結果が出ない夫婦の希望

病気で不妊治療をしても子供ができないとあきらめざるえなかった夫婦もいるでしょう。
どうしても子供がほしいというのは、女性の本能でもあります。

不妊治療しても妊娠できなかった夫婦には、卵子提供による不妊治療は新しい可能性です。
もしかしたら子供が授かれるかもという希望にもなるでしょう。

妊活サプリ 先輩ママが飲んでいた人気ランキング

1位:オールインワン妊活サプリ マカナ



マカナは、2016年に新発売された最新の妊活サプリで、なんといっても妊活に必要な成分をすべて含んでいるのが大きな特徴です。

さらに、使用しているマカは国産無農薬マカ100%で安心・安全。

葉酸や鉄分、不妊症に良いとされるビタミンEなど妊活に必要な成分がすべて含まれているので、あれもこれもと飲む必要がありません。
飲むサプリを一つに絞りたい方にはこちらのマカナがおすすめです。

マカナを飲んだ私の体験談はこちらです。

2位:ママニック葉酸サプリ



ママニックは吸収率の高いモノグルタミン酸型葉酸を推奨量400μg配合した葉酸サプリです。

葉酸400μgに加え、カルシウム・ミネラル・ビタミン・アミノ酸が29種類と最大限バランスよく配合されています。
放射能検査も行っているので安心!

ママニック葉酸サプリを飲んだ私の体験談はこちらです。



3位:国産マカ100%使用!full-me MIUフルミーマカ



フルミーマカは国産無農薬のマカを100%使った妊活サプリです。
高吸収で飲みやすいソフトカプセルを採用なので、妊娠後も飲みやすいのがいいですね。

フルミーマカを実際に飲んだ私の体験談はこちらです。