昨今、晩婚化や出産年齢の高齢化による高齢出産が増加し、胎児の染色体異常の不安を抱える妊婦が増える傾向にあります。

そのため、出生前に行う検査を受けるという人も増加し、さまざまな出生前診断を受ける人の数も増加しつつあります。

そんな胎児の染色体異常を検査する方法の一つに、絨毛検査があります。

絨毛検査とは?

絨毛検査は、胎児の染色体異常を検査するための検査方法の一つで、妊婦のお腹に針を刺し、絨毛を採取、その絨毛から胎児の細胞を検査するものです。

また子宮頸部から絨毛を採取する場合もあります。

一般的には羊水検査程深くにまで針を刺さないため、羊水検査よりは流産や感染症のリスクが少ないといわれています。

絨毛検査は、羊水を採取する必要が無いため、比較的妊娠時期のうちの早い時期、妊娠10週くらいから検査ができます。

絨毛の位置がわかりずらい、位置が悪いという時には、日にちを改めて検査を行うこともあります。

絨毛検査にかかる費用

絨毛検査は、保険適用がされない検査です。

絨毛検査にかかる費用は、一般的に20万円前後ですが、絨毛検査の費用は、その病院や専門機関によって大きく変わります。

絨毛検査を受ける前に、経済的負担がどれくらいのものになるのか確認しておきましょう。

絨毛検査の痛み

絨毛検査は、腹部から針を刺すため、麻酔をして行うものの痛みを伴います。

針を刺す痛みや絨毛を採取する時に痛みを感じる場合が多く、その痛みも人によってそれぞれ感じ方が違う様です。

絨毛検査に伴う痛みは、子宮頸部から絨毛を採取する場合と、腹部に針を刺して採取する場合によってもかなり痛みに差があるといえるでしょう。

痛みが強い場合などは、検査中でも相談してみるようにしましょう。

絨毛検査のリスク

絨毛検査にはいくつかのリスクがあります。

おもな副作用、リスクとしては、出血、腹痛、羊水の流出やわずかながら流産の確率も伴います。

絨毛検査は、胎児ドッグを受けて陽性反応になった人が、陽性の確定のために行う場合が多く、通常検査で胎児に問題が無い場合には、受ける必要が無い場合がほとんどです。

絨毛検査には、痛みやリスクが伴ううえ、費用の面でもかなりの負担を強いられることになりますから、医師や家族と相談のもと、いろいろな面においてしっかりと理解したうえで受けるようにしましょう。

妊活サプリ 先輩ママが飲んでいた人気ランキング

1位:オールインワン妊活サプリ マカナ



マカナは、2016年に新発売された最新の妊活サプリで、なんといっても妊活に必要な成分をすべて含んでいるのが大きな特徴です。

さらに、使用しているマカは国産無農薬マカ100%で安心・安全。

葉酸や鉄分、不妊症に良いとされるビタミンEなど妊活に必要な成分がすべて含まれているので、あれもこれもと飲む必要がありません。
飲むサプリを一つに絞りたい方にはこちらのマカナがおすすめです。

マカナを飲んだ私の体験談はこちらです。

2位:ママニック葉酸サプリ



ママニックは吸収率の高いモノグルタミン酸型葉酸を推奨量400μg配合した葉酸サプリです。

葉酸400μgに加え、カルシウム・ミネラル・ビタミン・アミノ酸が29種類と最大限バランスよく配合されています。
放射能検査も行っているので安心!

ママニック葉酸サプリを飲んだ私の体験談はこちらです。



3位:国産マカ100%使用!full-me MIUフルミーマカ



フルミーマカは国産無農薬のマカを100%使った妊活サプリです。
高吸収で飲みやすいソフトカプセルを採用なので、妊娠後も飲みやすいのがいいですね。

フルミーマカを実際に飲んだ私の体験談はこちらです。