羊水検査を受ける人は、近年急増しています。

羊水検査をする人の人口が増えている背景には、晩婚化、高齢出産の増加があります。

羊水検査について

では、羊水検査はどのような検査なのでしょうか。

35歳をこえる高齢出産は、胎児の染色体異常の確率が高くなるとして、出産する前に胎児の異常がないか検査をする必要がある場合があります。

羊水検査は、このように高齢出産や胎児の染色体異常が疑われる場合に、腹部に針を刺して、羊水を採取し、その羊水に含まれている胎児の細胞を調べることで、染色体異常を検査するものです。

羊水検査には、痛み、リスクを伴うため、そういったデメリットがあるという事をしっかりと把握したうえで受ける必要があります。

羊水検査のリスクや痛み

羊水検査は、妊婦の腹部に針を刺して羊水を採取するため、痛みを伴います。

麻酔をして行う場合がほとんどですが、それでもかなりの痛みを感じる場合もあります。

また、針を刺すことから感染症や、流産のリスクもあるということを知っておきましょう。

羊水検査の費用

羊水検査は、保険適用外の検査になるため、費用の面でも大きな負担となります。

通常10万円から15万円ほどの費用が必要になります。

羊水検査を受ける場合は、高齢出産や、またエコーで胎児の染色体異常が疑われる場合、さらに両親に染色体異常の危険因子があるような場合に行われることが多く、それ以外の通常に妊娠ではあまり羊水検査を進められることはないでしょう。

羊水検査についてのまとめ

羊水検査は、必要である人と必要でない人で別れる検査方法だといえるでしょう。

羊水検査を受けていおいた方が良い人としては、高齢出産、染色体異常の危険性がある人です。

リスクを冒しても、やはり羊水検査をして胎児の状態を詳しく知る必要がある人は受けておいた方が良いでしょう。

一方で、ごく普通の妊娠経過をたどっている人は、あまり羊水検査を進められるということはなさそうです。

お金もかかる事ですし、リスクを冒してまで調べる必要性がないことがほとんどだからです。

羊水検査を受けた後で、胎児の染色体異常がわかった場合、その後の対応のことも考えておかなければならないという事も認識しておきましょう。

妊娠中に受けるさまざまな検査は、それぞれの夫婦や家族の考えかたによって、大きく異なります。

妊活サプリ 先輩ママが飲んでいた人気ランキング

1位:オールインワン妊活サプリ マカナ



マカナは、2016年に新発売された最新の妊活サプリで、なんといっても妊活に必要な成分をすべて含んでいるのが大きな特徴です。

さらに、使用しているマカは国産無農薬マカ100%で安心・安全。

葉酸や鉄分、不妊症に良いとされるビタミンEなど妊活に必要な成分がすべて含まれているので、あれもこれもと飲む必要がありません。
飲むサプリを一つに絞りたい方にはこちらのマカナがおすすめです。

マカナを飲んだ私の体験談はこちらです。

2位:ママニック葉酸サプリ



ママニックは吸収率の高いモノグルタミン酸型葉酸を推奨量400μg配合した葉酸サプリです。

葉酸400μgに加え、カルシウム・ミネラル・ビタミン・アミノ酸が29種類と最大限バランスよく配合されています。
放射能検査も行っているので安心!

ママニック葉酸サプリを飲んだ私の体験談はこちらです。



3位:国産マカ100%使用!full-me MIUフルミーマカ



フルミーマカは国産無農薬のマカを100%使った妊活サプリです。
高吸収で飲みやすいソフトカプセルを採用なので、妊娠後も飲みやすいのがいいですね。

フルミーマカを実際に飲んだ私の体験談はこちらです。