妊娠、出産に伴う科学的技術や医療技術の進歩により、着床前診断が発達し、男女の産み分けなどができるようになっています。

産み分けに伴う賛否両論はありますが、着床前診断には、産み分けを望む人が多く申し込み、産み分けをしたいという人の人口もどんどん増加しています。

着床前診断とはどのようなもの?

では、着床前診断とはどのようなものなのでしょうか。

着床前診断は、受精卵という大変早期の段階で、遺伝子や染色体などを詳しく調べ、子宮に受精卵が着床して妊娠が成立する前に将来胎児になるその受精卵が、染色体異常、さらにその他の異常、性別までをも判断するという検査です。

着床前診断では、着床後の流産や、染色体異常などの確率を減少させることができるとして、不妊治療の一部の治療として用いられることも多くあります。

また、体外受精の着床率を向上させ、さらに流産の確率を軽減する役割もあるため、産み分け以外にもさまざまな事を調べれらる検査といえるでしょう。

着床前診断での産み分け

現在、国内では、着床前診断での男女の産み分けは奨励されていません。

着床前診断で検査される項目としては、重篤な染色体異常や胎児の病気など、特定の心配や不安要素がある場合のみとされているようです。

しかし、着床前診断では国内で男女の産み分けはできませんが、アメリカや欧州の機関では着床前診断で男女の産み分けが可能になっています。

これを利用して、海外で男女の産み分けを目的とした着床前診断を受けるという人もいましたが、昨今では、国内にいても着床前診断をして男女の産み分けを診断するサービスを提供している機関も存在しています。

男女の産み分けをするために着床前診断をする際の方法、リスク

やはり、産み分けを考えて着床前診断をする際に大きな問題となるのが、その費用でしょう。

一般的には、男女の産み分けを海外のサービスで行うというのが主流ですから、この方法で着床前診断を行うとすると、渡航費なども含め数百万円の費用がかかるということになります。

国内で受精卵を作り、これを海外に送るという提供をしているような施設では、もっと安く着床前診断を受けることもできます。

妊活サプリ 先輩ママが飲んでいた人気ランキング

1位:オールインワン妊活サプリ マカナ



マカナは、2016年に新発売された最新の妊活サプリで、なんといっても妊活に必要な成分をすべて含んでいるのが大きな特徴です。

さらに、使用しているマカは国産無農薬マカ100%で安心・安全。

葉酸や鉄分、不妊症に良いとされるビタミンEなど妊活に必要な成分がすべて含まれているので、あれもこれもと飲む必要がありません。
飲むサプリを一つに絞りたい方にはこちらのマカナがおすすめです。

マカナを飲んだ私の体験談はこちらです。

2位:ママニック葉酸サプリ



ママニックは吸収率の高いモノグルタミン酸型葉酸を推奨量400μg配合した葉酸サプリです。

葉酸400μgに加え、カルシウム・ミネラル・ビタミン・アミノ酸が29種類と最大限バランスよく配合されています。
放射能検査も行っているので安心!

ママニック葉酸サプリを飲んだ私の体験談はこちらです。



3位:国産マカ100%使用!full-me MIUフルミーマカ



フルミーマカは国産無農薬のマカを100%使った妊活サプリです。
高吸収で飲みやすいソフトカプセルを採用なので、妊娠後も飲みやすいのがいいですね。

フルミーマカを実際に飲んだ私の体験談はこちらです。