羊水検査は、35歳以上の高齢妊娠の領域となる人に主に実施される検査で、出産前に胎児の染色体異常の可能性を知る、つまり出生前診断の一つです。

昨今、晩婚化や高齢出産の人口増加に伴い、この羊水検査を受ける人が増加していますが、この羊水検査には、わずかながら流産の危険性があります。

羊水検査で流産してしまう、流産率はどれくらいなのでしょうか。

羊水検査の方法

羊水検査は、妊娠中の妊婦の腹部に針を刺し、子宮内の羊水を採取、そのよう水中に含まれている胎児由来の成分を分析して、胎児が染色体異常などの障害を持っていないかを調べる検査です。

おもに35歳以上の高齢出産になる人、その他にも、両親が染色体異常の危険因子を持ち合わせていて、胎児がその染色体異常の危険因子を受け継ぐ可能性の高い人などに実施されるものです。

また、保険適用外の検査であるため、35歳以上や、染色体異常の危険因子を持っていなくても、自分の希望があれば申し込んで羊水検査を受けるという人もいます。

エコーで胎児の場所を確認しながら、羊水を採取しますが、部分的に麻酔をするものの、比較的長く太い針を刺すため、人によってはかなりの痛みを感じる人も多くいます。

羊水検査で採取された細胞は培養され、検査結果が出るまでには2週間から、長ければ1カ月ほどの期間を要する場合もあります。

羊水検査のリスク

羊水検査を受ける際のリスクとしては、やはり、針を刺すことによる出血や羊水の流出、感染症などがあります。

また、羊水検査を受けたことによる流産率も一定の確率である事も確かです。

羊水検査による流産率は、1000人が羊水検査を受けたとすると、その中で1人〜3人が流産につながってしまうとされています。

しかし、羊水検査を受ける時期でも、自然に流産をする人もいますし、流産率としてはあまり高いとは言えないでしょう。

しかし、羊水検査を受けるということは、そういった流産率があるというリスクも知ったうえで受けることが大切です。

夫婦間の話し合いが最も重要

羊水検査は、かなりの高確率で、胎児の何らかの異常を発見することができる検査です。

また、一定の割合での流産率、合併症などの確率もある検査です。

妊活サプリ 先輩ママが飲んでいた人気ランキング

1位:オールインワン妊活サプリ マカナ



マカナは、2016年に新発売された最新の妊活サプリで、なんといっても妊活に必要な成分をすべて含んでいるのが大きな特徴です。

さらに、使用しているマカは国産無農薬マカ100%で安心・安全。

葉酸や鉄分、不妊症に良いとされるビタミンEなど妊活に必要な成分がすべて含まれているので、あれもこれもと飲む必要がありません。
飲むサプリを一つに絞りたい方にはこちらのマカナがおすすめです。

マカナを飲んだ私の体験談はこちらです。

2位:ママニック葉酸サプリ



ママニックは吸収率の高いモノグルタミン酸型葉酸を推奨量400μg配合した葉酸サプリです。

葉酸400μgに加え、カルシウム・ミネラル・ビタミン・アミノ酸が29種類と最大限バランスよく配合されています。
放射能検査も行っているので安心!

ママニック葉酸サプリを飲んだ私の体験談はこちらです。



3位:国産マカ100%使用!full-me MIUフルミーマカ



フルミーマカは国産無農薬のマカを100%使った妊活サプリです。
高吸収で飲みやすいソフトカプセルを採用なので、妊娠後も飲みやすいのがいいですね。

フルミーマカを実際に飲んだ私の体験談はこちらです。