胎児の染色体異常、昨今、出生前診断でかなりの確率でわかるようになってきましたが、妊娠する際に、この胎児の染色体異常を予防する方法はないのでしょうか。

胎児の染色体異常の原因や予防法を知って、健やかな妊娠出産を目指しましょう。

胎児の染色体異常がおこるさまざまな原因

胎児の染色体異常は、いくつかの明確な原因、またいまだにはっきりとしない原因があります。

まず、胎児の染色体異常をおこす主な原因としては、ダウン症(21トリソミー)があります。

21番目の染色体が1本多いために起こる胎児の染色体異常で、特徴的な顔つき、成長とともにおこるさまざまな身体的発達障害があります。

さらに、胎児の染色体異常の原因としては、エドワーズ症候群(18トリソミー)です。

13番目の染色体が1本多いために起こる胎児の染色体異常で、成長障害や呼吸疾患、心疾患がみられ、生後一年以内に90%が命を落とすという、深刻な胎児の染色体異常です。

次に、パトー症候群(13トリソミー)という、13番目の染色体が1本多い事から発生する胎児染色体異常があります。

18トリソミー同様、心疾患や呼吸器系の障害、成長の遅延で、命を落とす確率が一年以内に90%という障害です。

胎児の染色体異常の原因の予防

では、胎児の染色体異常を何とか予防する手立て、原因を作りださないようにすることはできないのでしょうか。

胎児の染色体異常は一定の確率で起こりうるもので、確実に原因を取り除くことはできません。

何かをすれば完全に胎児の染色体異常がなくなるという事はありません。

しかし、卵子や精子の質を改善することで、胎児の染色体異常を極力引き起こさないようにすることは可能です。

そのためには、できるだけ若いうちに妊娠出産をすること、さらに生活習慣などで、体を酸化するようなもの、大量の飲酒や肥満、喫煙などの原因を取り除いた生活を心がける事です。

また現代人の生活にはつきもののストレスや過労、睡眠不足なども体を酸化させ、卵子や精子の老化を招き、胎児の染色体異常の原因を作りだしてしまうこともわかっています。

日ごろから生活スタイルや食生活に気をつけて、体の老化を防ぐようにしましょう。

また、昨今では、卵子や精子の質、体の酸化を防ぐようなサプリやドリンクなどがたくさん発売されています。

葉酸サプリ+マカは、卵子や精子の質を高める最強の組み合わせです。

妊活サプリ 先輩ママが飲んでいた人気ランキング

1位:オールインワン妊活サプリ マカナ



マカナは、2016年に新発売された最新の妊活サプリで、なんといっても妊活に必要な成分をすべて含んでいるのが大きな特徴です。

さらに、使用しているマカは国産無農薬マカ100%で安心・安全。

葉酸や鉄分、不妊症に良いとされるビタミンEなど妊活に必要な成分がすべて含まれているので、あれもこれもと飲む必要がありません。
飲むサプリを一つに絞りたい方にはこちらのマカナがおすすめです。

マカナを飲んだ私の体験談はこちらです。

2位:ママニック葉酸サプリ



ママニックは吸収率の高いモノグルタミン酸型葉酸を推奨量400μg配合した葉酸サプリです。

葉酸400μgに加え、カルシウム・ミネラル・ビタミン・アミノ酸が29種類と最大限バランスよく配合されています。
放射能検査も行っているので安心!

ママニック葉酸サプリを飲んだ私の体験談はこちらです。



3位:国産マカ100%使用!full-me MIUフルミーマカ



フルミーマカは国産無農薬のマカを100%使った妊活サプリです。
高吸収で飲みやすいソフトカプセルを採用なので、妊娠後も飲みやすいのがいいですね。

フルミーマカを実際に飲んだ私の体験談はこちらです。