不妊治療では、かかる費用が非常に高額になるため、不妊治療にかかった医療費は、医療控除として申告すると良いかもしれません。

不妊治療費を医療控除するための方法を知っておきましょう。

不妊治療費はどのくらいかかる?

不妊治療には、保険適用のできる治療から、高度になればなるほど、自費ですべてにかかる費用を賄わなければならないような治療まで、実にさまざまな治療方法、種類や手段があります。

昨今、不妊治療はさらに進化を続けており、保険適用外で高額ではありますが、かなり効果が高く、妊娠する確率が高い治療もたくさん登場しています。

安価なものでは一回の不妊治療で数万円のものから、高額になると、一度の不妊治療でも数十万、数百万という治療もたくさん存在しています。

どんどん高額になっていく不妊治療の医療費、この金額を上手くまかなっていくには、やはり医療費控除を適用させるということが賢い方法だといえるでしょう。

不妊治療の医療控除はどうしたらよいのか

大まかにいうと、医療控除は、10万円または所得金額の5%のどちらか少ない方だというとわかりやすくなります。

つまり、ある一定の金額を越えるか、または所得の何パーセントが医療費で占められているかを計算し、その少ない方が医療控除として利用できるというものです。

不妊治療の医療控除の場合、不妊治療にかかる医療費としては、多くの人が10万円を超えるでしょうから、この10万円か、所得に応じて引くことができる金額をしらべ、少ない方を申告するようにします。

戻ってくる金額としては、本当に少ないと感じるかもしれませんが、何かとものいりの不妊治療中には、ほんの少しのお金でもしっかりと管理できるようにしておきましょう。

住んでいる地域によって助成などがある場合にはその点にも注意

妊娠や出産にまつわる助成金は、その人が住んでいる地域によって、非常に格差が大きいものです。

公的に支給される助成金は、控除される金額、申請する医療控除金額からひかなければなりませんから、住んでいる地域の助成金額などの額によっても違ってきます。

お住いの地域の担当者などに確認しておくことが必要になります。

妊活サプリ 先輩ママが飲んでいた人気ランキング

1位:オールインワン妊活サプリ マカナ



マカナは、2016年に新発売された最新の妊活サプリで、なんといっても妊活に必要な成分をすべて含んでいるのが大きな特徴です。

さらに、使用しているマカは国産無農薬マカ100%で安心・安全。

葉酸や鉄分、不妊症に良いとされるビタミンEなど妊活に必要な成分がすべて含まれているので、あれもこれもと飲む必要がありません。
飲むサプリを一つに絞りたい方にはこちらのマカナがおすすめです。

マカナを飲んだ私の体験談はこちらです。

2位:ママニック葉酸サプリ



ママニックは吸収率の高いモノグルタミン酸型葉酸を推奨量400μg配合した葉酸サプリです。

葉酸400μgに加え、カルシウム・ミネラル・ビタミン・アミノ酸が29種類と最大限バランスよく配合されています。
放射能検査も行っているので安心!

ママニック葉酸サプリを飲んだ私の体験談はこちらです。



3位:国産マカ100%使用!full-me MIUフルミーマカ



フルミーマカは国産無農薬のマカを100%使った妊活サプリです。
高吸収で飲みやすいソフトカプセルを採用なので、妊娠後も飲みやすいのがいいですね。

フルミーマカを実際に飲んだ私の体験談はこちらです。