昨今、待機児童の問題がさまざまな場面で取り上げられ、保育を受けさせたくても受け皿となってくれる保育施設がないとして、話題になっているというニュースは記憶に新しいことでしょう。

子供の保育施設を探す、入園や入所する場所を探すことを、最近では「保活」と呼ぶようになっていますが、不妊治療してこれから子供をもうけようとしている場合はどうなのでしょうか。

待機児童の現状

不妊治療中でまだ妊娠前である場合、子供が保育園や保育所、幼稚園などに入園入所するという話題は、自分にはまだ関係のない事として感じるかもしれません。

しかし、昨今、いろいろな自治体で、待機児童の問題が取りだたされており、子供を預けて働きたくても働くことができないという現状に悩んでいる人がたくさんいます。

この現状は、少しずつ改善されつつあるようですが、それでもまだ希望する施設にスムーズに入るということは難しいことであるようです。

保活をしても希望通りにいかないために、希望している場所ではない保育園や、遠く、通わせるのに苦労する保育所を選ばざると得ないという人も多くいます。

保活は、現在、当たり前のように行わなければならないような状態になっており、家庭によって、保活の仕方によっては、大きく妥協をしなければならないこともあるようです。

不妊治療中でも保活しなければだめ?

では、不妊治療中で、まだ子供を授かる前は、保活の問題は関係ないのでしょうか。

現在保活をしている保護者は、希望の場所に入園入所をするのに、数年待ちという現状は当たり前になっています。

つまり、不妊治療で妊娠して出産したあとで、あたらめて保活を始めようとしたとしても、その時点で数年前から保活をしていた家庭が待ち構えており、入園入所するのは、保活を始めてから数年後ということにもなりかねないのです。

ですから、不妊治療中でも、ある程度現在の地域の保活の現状を把握し、数年後、自分の子を預けるような時期が来たらどのような状態になるのか考慮しておかなければなりません。

激戦区では、不妊治療で妊娠し、心拍確認後に保育所に電話をしても、すでに200人待ち!ということもあるようです。

不妊治療中で、まだ子供は手元にいなくても、ある程度の保活をしたり、まさに今保活をしている人の現状がどうなっているかということを把握しておく必要があるといえるでしょう。

妊活サプリ 先輩ママが飲んでいた人気ランキング

1位:オールインワン妊活サプリ マカナ



マカナは、2016年に新発売された最新の妊活サプリで、なんといっても妊活に必要な成分をすべて含んでいるのが大きな特徴です。

さらに、使用しているマカは国産無農薬マカ100%で安心・安全。

葉酸や鉄分、不妊症に良いとされるビタミンEなど妊活に必要な成分がすべて含まれているので、あれもこれもと飲む必要がありません。
飲むサプリを一つに絞りたい方にはこちらのマカナがおすすめです。

マカナを飲んだ私の体験談はこちらです。

2位:ママニック葉酸サプリ



ママニックは吸収率の高いモノグルタミン酸型葉酸を推奨量400μg配合した葉酸サプリです。

葉酸400μgに加え、カルシウム・ミネラル・ビタミン・アミノ酸が29種類と最大限バランスよく配合されています。
放射能検査も行っているので安心!

ママニック葉酸サプリを飲んだ私の体験談はこちらです。



3位:国産マカ100%使用!full-me MIUフルミーマカ



フルミーマカは国産無農薬のマカを100%使った妊活サプリです。
高吸収で飲みやすいソフトカプセルを採用なので、妊娠後も飲みやすいのがいいですね。

フルミーマカを実際に飲んだ私の体験談はこちらです。