病気やけがで長期の入院をしなければならなくなり、その間会社に通って仕事をすることが困難になってしまった、こんな時に利用することができる制度が、傷病手当金というせいどです。

この傷病手当金という制度、実は不妊治療で適用させることができる部分もあるということをご存じでしょうか。

傷病手当金とは?そもそも傷病手当金とはどのような制度か

傷病手当金は、病気やケガなどで、4日以上仕事を休まなければならなくなった時に利用できる制度です。

仕事を休んだ日数のうち、傷病手当金が支給されるのは4日目以降の分で、日給の三分の二が支給されます。

病気やケガで会社を休まざるを得なくなったとして、給料を支払われないということが前提で、給料が支払われる有休などを使ってしまうと、この傷病手当金は受けとることができません。

傷病手当金が支払われる条件

傷病手当金を支払うように適用するには、いくつかの条件に当てはまっている必要があります。

まず、健康保険が適用される怪我や病気である事、そして、会社を休む理由が病気やケガによる「欠勤」であることです。

ここで有給で休むという形だと、傷病手当金の対象から外れてしまいますから注意しましょう。

また、傷病手当金を受け取るには、医師の診断書が必要です。

家でただ寝ていたというだけでは対象になりませんから、傷病手当金を受けるには、しっかりと受診したというあかしが必要なのです。

ここで注意することは、産休で長期の休みを余儀なくされている場合にも、傷病手当金は受けとることができませんから気をつけましょう。

不妊治療や妊娠中の傷病手当金について

では、不妊治療中や、妊娠中の傷病手当金はどうなっているのでしょうか。

不妊治療中でも、病気になったり、また妊娠中でも妊娠に伴う病気はたくさん存在します。例えば、子宮内膜症、子宮筋腫、子宮外妊娠などです。

このような、不妊治療、妊娠によって病気になった場合でも、傷病手当金は適用させることができます。

不妊治療、妊娠中でも、病気が重度になれば、通院ではなく入院しなければならない場合というのは多く存在します。

そのような場合、生活に不安が出てきてしまうことを防ぐためにある制度ですから、しっかりと利用できると安心でしょう。

備えあれば患いなし、制度について学んでおくだけでも安心

不妊治療中や妊娠中は、いつ何が起こるかわかりません。

何も起こらず、無事に出産する人がほとんどで、それが最も大切な事なのですが、しかしだからといって、何も知らず、何の備えもしないのでは、これから出産して親になるのに少々不安があるのではないでしょうか。

妊活サプリ 先輩ママが飲んでいた人気ランキング

1位:オールインワン妊活サプリ マカナ



マカナは、2016年に新発売された最新の妊活サプリで、なんといっても妊活に必要な成分をすべて含んでいるのが大きな特徴です。

さらに、使用しているマカは国産無農薬マカ100%で安心・安全。

葉酸や鉄分、不妊症に良いとされるビタミンEなど妊活に必要な成分がすべて含まれているので、あれもこれもと飲む必要がありません。
飲むサプリを一つに絞りたい方にはこちらのマカナがおすすめです。

マカナを飲んだ私の体験談はこちらです。

2位:ママニック葉酸サプリ



ママニックは吸収率の高いモノグルタミン酸型葉酸を推奨量400μg配合した葉酸サプリです。

葉酸400μgに加え、カルシウム・ミネラル・ビタミン・アミノ酸が29種類と最大限バランスよく配合されています。
放射能検査も行っているので安心!

ママニック葉酸サプリを飲んだ私の体験談はこちらです。



3位:国産マカ100%使用!full-me MIUフルミーマカ



フルミーマカは国産無農薬のマカを100%使った妊活サプリです。
高吸収で飲みやすいソフトカプセルを採用なので、妊娠後も飲みやすいのがいいですね。

フルミーマカを実際に飲んだ私の体験談はこちらです。